筒井大志さんの作品の書影

筒井大志

ファンになる

作品数:7

MDさん、他1人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

筒井 大志(つつい たいし)は、日本の漫画家。千葉県出身。既婚者で子持ち。

筒井大志の作品

一覧
『ぼくたちは勉強ができない』の書影

ぼくたちは勉強ができない

3.52

10148

発刊: 2017.5.5 ~

完結・全21巻

大学推薦を狙う、高校3年生の唯我成幸はなぜか天才美少女の文乃と理珠の教育係を任される。完全無欠に見えた二人だが実は意外な悩みを抱えていて……!?

一条先輩に片想い中の小野寺さん。ある日、魔法少女へとスカウトされて!? 大人気ラブコメ「ニセコイ」公式スピンオフ漫画がついに登場!! 本編より少し?セクシーなニセコイヒロインたちの活躍を見逃すな!!

それは──あったかもしれない。ラボメンたちとの物語。 大人気ゲーム『STEINS;GATE』のファンディスク『比翼恋理のだーりん』をコミカライズ! ラボメンたちのちょっぴりスイートな恋愛生活をお楽しみに!!

シュタインズ・ゲートのファンディスク"比翼恋理のだーりん"のコミカライズ。 ただし、ゲームのコミカライズは1冊目のみで、2冊め以降はオリジナルストーリーです。 作画は後に"ぼくたちは勉強ができない"を描く筒井大志氏。 "比翼恋理のだーりん"は本編、ZEROとは違い、ギャルゲー要素を前面にした作品で、女子率の高いラボメンとのIFのストーリーです。 ゲームでは一応、変動率3%のσ世界線が舞台となっていますが、マンガではそういった説明もなく、本編のストーリーとは関連しない形で、仲良しのラボメンたちが日常を過ごす展開となります。 各キャラの掘り下げはほぼ無く、紅莉栖以外のキャラは個性的な女の子で構成された岡部ハーレムのメンバーとして登場します。 鈴羽と紅莉栖も仲が良く、ラボメンとしては異質な存在だったはずの桐生萌郁も最初からデレているので、最初から違和感満載です。 本編とは独立した、お祭り的作品と見るべきだと思います。 鈴羽が未来を超えてきた理由(そもそもタイムトラベラーであることすら描かれない)も説明がなく、電話レンジ(仮)は登場するもののSERNにも狙われていません。 木手英一バリに珍妙な発明を生み出す便利キャラとなった牧瀬紅莉栖やダルが作った発明品で起きたトラブルにより、いやそうはならないだろうというご都合主義で二人は急接近するドッキリ展開となっています。 あまりの本編との乖離具合に受け付けられない声が多そうですが、私的にはこういうダメなやつ大好きなので、これはこれで良かったです。 ちょっと長めのアンソロという感じですね。 難しい話抜きで、ただきゃあきゃあするだけのシュタインズ・ゲートもありだと思います。 欲を言えば、もっと女の子が積極的で、岡部がギャルゲーの主人公らしく節操のない無自覚プレイボーイならよかったと思います。 どうせ全体的にキャラ崩壊してるんだから、岡部も盛大に崩して別キャラにして読者に寄せれば妄想も捗ると感じました。 それはそれで忌避感が出そうですが。 ラストはまさかのカップル誕生で終わります。 アトラクタフィールドは超えているとしてもこの展開は驚きました。 世界線が異なっているとはいえどうかとも思いましたが、ご都合主義の甘々な展開からのベタなハッピーエンドというのが大好物なので、個人的にはかなり好きなシリーズとなりました。 なお、3作とも登場するラボメンは"シュタインズ・ゲート"のメンバーで、"ゼロ"の追加ラボメンは登場しないです。 フルメンバーでの続編が読みたいなと思いました。

by うにたべたい (343)
『エスプリト』の書影

エスプリト

429

発刊: 2009.0.6 ~

完結・全2巻

世界は狭くてつまらないものだと思ってた──。「未開拓ホーム」で暮らし、海の向こうの世界を知らずに育った少女・みお。「ホーム」にやってきた一人の「航務員」との出会いから、彼女の世界は広がった!爽快なバトルで繰り広げる大冒険バトルファンタジー!開幕!!

『ミサイルとプランクトン』の書影

ミサイルとプランクトン

418

発刊: 2014.11.5 ~

完結・全3巻

田中ロミオ初となるオリジナルコミック原作を、気鋭の作家・筒井大志が描き上げるSF青春群像劇が開幕!青海翔太や達子祥ら、ミサイル部の面々は、日々自作ミサイルの完成を目指して活動を続けていた。その目的が背負うものは、あまりにも大きくて……。壊れてしまった世界の中で、それでも僕らは恋をする──。

『フカシギフィリア』の書影

フカシギフィリア

324

発刊: 2011.10.4 ~

完結・全3巻

悪党の潰し屋を行っているタスクは、人身売買組織のアジトで謎の少女と出会う。少女はタスクが人を殺すと予言するが…。

『IDOROLL』の書影

IDOROLL

260

発刊: 2014.10.3 ~

完結・全1巻

アイドルとは何か? 夢みたロックの道に挫折した一ノ瀬一乃が出会ったのはまるで異世界のようなステージ併設メイドカフェ。アイドル繚乱時代の秋葉原で22歳フリーター女子が挑むマイナスからのリ・スタート。オタクの聖地から世界へ放つライブアイドル疾走劇!!

作品レビュー

一覧

4.0

3巻まで読みました

シュタインズ・ゲートのファンディスク"比翼恋理のだーりん"のコミカライズ。
ただし、ゲームのコミカライズは1冊目のみで、2冊め以降はオリジナルストーリーです。
作画は後に"ぼくたちは勉強ができない"を描く筒井大志氏。

"比翼恋理のだーりん"は本編、ZEROとは違い、ギャルゲー要素を前面にした作品で、女子率の高いラボメンとのIFのストーリーです。
ゲームでは一応、変動率3%のσ世界線が舞台となっていますが、マンガではそういった説明もなく、本編のストーリーとは関連しない形で、仲良しのラボメンたちが日常を過ごす展開となります。

各キャラの掘り下げはほぼ無く、紅莉栖以外のキャラは個性的な女の子で構成された岡部ハーレムのメンバーとして登場します。
鈴羽と紅莉栖も仲が良く、ラボメンとしては異質な存在だったはずの桐生萌郁も最初からデレているので、最初から違和感満載です。
本編とは独立した、お祭り的作品と見るべきだと思います。
鈴羽が未来を超えてきた理由(そもそもタイムトラベラーであることすら描かれない)も説明がなく、電話レンジ(仮)は登場するもののSERNにも狙われていません。
木手英一バリに珍妙な発明を生み出す便利キャラとなった牧瀬紅莉栖やダルが作った発明品で起きたトラブルにより、いやそうはならないだろうというご都合主義で二人は急接近するドッキリ展開となっています。

あまりの本編との乖離具合に受け付けられない声が多そうですが、私的にはこういうダメなやつ大好きなので、これはこれで良かったです。
ちょっと長めのアンソロという感じですね。
難しい話抜きで、ただきゃあきゃあするだけのシュタインズ・ゲートもありだと思います。
欲を言えば、もっと女の子が積極的で、岡部がギャルゲーの主人公らしく節操のない無自覚プレイボーイならよかったと思います。
どうせ全体的にキャラ崩壊してるんだから、岡部も盛大に崩して別キャラにして読者に寄せれば妄想も捗ると感じました。
それはそれで忌避感が出そうですが。

ラストはまさかのカップル誕生で終わります。
アトラクタフィールドは超えているとしてもこの展開は驚きました。
世界線が異なっているとはいえどうかとも思いましたが、ご都合主義の甘々な展開からのベタなハッピーエンドというのが大好物なので、個人的にはかなり好きなシリーズとなりました。
なお、3作とも登場するラボメンは"シュタインズ・ゲート"のメンバーで、"ゼロ"の追加ラボメンは登場しないです。
フルメンバーでの続編が読みたいなと思いました。

Steins;Gate シュタインズ・ゲート 比翼恋理のスイーツはにー

レビュー(2)件

完結・全3巻

3.5

19巻まで読みました

勉強できるようになりたいっす

ぼくたちは勉強ができない

レビュー(139)件

完結・全21巻

2.5

154

ぼくたちは勉強ができない

レビュー(139)件

完結・全21巻

2.7

5巻まで読みました

先生 絵柄

面白味 主題

ぼくたちは勉強ができない

レビュー(139)件

完結・全21巻

3.4

11巻まで読みました

圧倒的先生

ぼくたちは勉強ができない

レビュー(139)件

完結・全21巻

すべて表示(153)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...