松浦だるまさんの作品の書影

松浦だるま

ファンになる

作品数:4

大虎丸さん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

松浦 だるま(まつうら だるま、1984年 - )は、日本の漫画家。神奈川県横浜市在住。2009年と2012年の「イブニング新人賞」でそれぞれ優秀賞を受賞し、2013年に『累 -かさね-』で連載デビュー。2014年には同名のペンネームで小説家としてもデビューした。

松浦だるまの作品

一覧
『累』の書影

3.56

18355

発刊: 2013.10.23 ~

完結・全14巻

新刊通知

a

イブニング新人賞出身の新しき才能が放つ『美醜』をテーマにした衝撃作!! 容貌の醜さから人に忌み嫌われてきた累。そんな彼女に、女優であった美しき母親が遺した1本の口紅。その口紅は他者の顔を奪うことが出来るという謎の力を持っていた。累はその力を使い、美しき者が享受するすべてを奪う事を決意する。 二目と見れぬ醜悪な容貌を持つ少女・累。その醜さ故、過酷な道を歩む累に、母が残した一本の口紅。その口紅の力が、虐げられて生きてきた、累の全てを変えていく――。

『太陽と月の鋼』の書影
2巻無料

太陽と月の鋼

3.48

1753

発刊: 2020.10.30 ~

既刊8巻

新刊通知

a

『累』の松浦だるまが描く新たなる世界!時は天保。うだつの上がらぬ下級武士、竜土鋼之助。亡き父母の願いは、ただ立派な“武士”として生きること――しかし鋼之助には、それができぬ“ある理由”が……

『いまかこ』の書影

いまかこ

3.18

1068

発刊: 2020.02.21 ~

完結・全1巻

新刊通知

a

【期間限定で試し読み増量中】「累」松浦だるま最新作! “場所の幽霊”と呼ばれるもう無い風景がみえる男・鶴見也徒。死んだ人の“音の幽霊”がきこえる少女・早淵今。不思議な霊感のようなものを持つ二人の出会いのはてに待つものは救いか、それとも。

『累』の書影

発刊: 2018.04.23 ~

既刊1巻

新刊通知

a

他者の顔を奪う口紅。羽生田作・演出「暁の姫」を最後に舞台に立つことも口紅を使うこともやめると告げた累。累の行動に理解ができない羽生田は、その真意を探る中で野菊が持つ海道凪の手帳を読み、永久交換の秘密をつかむ。それぞれの縺れゆく思惑のはて、真実がついに露となる。特装版は松浦だるま書きおろし短編小説「漣の糸」付き!!

作品レビュー

一覧

3.0

記録

レビュー(377)件

完結・全14巻

すべて表示(442)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...