あやかし古書庫と少女の魅宝

310

既刊2巻

発刊:2012.07.27

あらすじ・ストーリー紹介
一迅社「Comic REX」にて2011年11月号から2013年2月号まで連載された。もともと同人やアンソロジーで「水木しげるタッチによるパロディ漫画」を描いていた筆者によるオリジナル作品。ライトノベル風の超能力バトルストーリーでありながら、水木しげるタッチで描かれているため非常にシュールである。         平凡な男子高校生・国分寺イクオが祖父から受け継いだ古書店の店番をしていたある日、その古書店に隠されているという「魅宝(たから)」を狙う秘密結社の刺客に襲われる。 そして間一髪のところで金属を自在に操る「刀鍛冶(ソードスミス)」の「能力者(カテゴライズド)」八坂七星(やさかななせ)に助けられる。「魅宝」を守護する一族の末裔である七星がイクオの家に居候することになり、イクオは「魅宝」をめぐる能力者達の戦いに巻き込まれていく…         ドリヤス工場(どりやす こうじょう) 東京都出身。水木しげるの絵柄、間、雰囲気を再現した作風で人気マンガやアニメの パロディ作品を数多くてがけており、近年は商業誌でオリジナル作品も発表している。 なお当人とは一切無関係。本連載を収録した最新単行本『有名すぎる文学作品をだいたい 10ページくらいの漫画で読む。』が絶賛発売中。その他の著書に『あやかし古書庫と少女の魅宝』 (全2巻/一迅社)など。