サトラレ

佐藤マコト

3.37

1855

発刊:2001.02.20 〜

完結・全8巻

『サトラレ(1)』巻の書影
『サトラレ(2)』巻の書影
『サトラレ(3)』巻の書影
『サトラレ(4)』巻の書影
『サトラレ(5)』巻の書影
『サトラレ(6)』巻の書影
『サトラレ(7)』巻の書影
『サトラレ(8)』巻の書影
シンさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

「サトラレにサトラレであることを気づかせてはいけない」――“サトラレ”とは正式名を「先天性R型脳梁(のうりょう)変性症」という謎の奇病によって、口に出さずとも自分の考えが周囲の人に“悟られ”てしまう不思議な能力の持ち主のコト。そして、例外なくあらゆる分野で天才的な功績を残すほどの才能を持つ彼らを、密(ひそ)かに保護するサトラレ対策委員会。これは、サトラレの青年・西山幸夫(にしやま・ゆきお)と彼を警護する小松洋子(こまつ・ようこ)、そして……その他大勢による少し不思議な物語。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...