部長 島耕作

弘兼憲史

3.55

3306

発刊:1995.09.19 〜

完結・全13巻

『部長 島耕作(1)』巻の書影
『部長 島耕作(2)』巻の書影
『部長 島耕作(3)』巻の書影
『部長 島耕作(4)』巻の書影
『部長 島耕作(5)』巻の書影
『部長 島耕作(6)』巻の書影
『部長 島耕作(7)』巻の書影
『部長 島耕作(8)』巻の書影
『部長 島耕作(9)』巻の書影
『部長 島耕作(10)』巻の書影
『部長 島耕作(11)』巻の書影
『部長 島耕作(12)』巻の書影
『部長 島耕作(13)』巻の書影
みっちゃんさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

島耕作は総合宣伝部の部長へと昇進を果たす。しかし社長交代や派閥争いのあおりを受け、出向や転属を繰り返す。ワイン事業に始まり、音楽事業など分野は多岐にわたる。娘との対面や大町久美子、かつ子らとのロマンスなど読みごたえあるストーリーも健在。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.55

27件の評価

4.6

13巻まで読みました

『島耕作シリーズ』二作目。
尊敬する上司・中沢社長の右腕として活躍すべく、部長の役職に昇進した島耕作だが、初芝電器も不況の煽りから業績は右肩下がりで、中沢社長も責任を取って辞任することになる。
次期社長の候補は二人だが、反中沢派が社長になったときに処遇が悪化することを見越して、島は関連会社・初芝電産貿易で専務待遇で出向する。

課長として、社内の様々なプロジェクトを取り仕切っていた前作とは異なり、本作は関連会社に移動して、そこで采配を振るう場面が多いと感じました。
実際の企業で部長がどういうお仕事をする役なのか、私自身正直よくわかっていないところがあるのですが、本作では部長の島耕作が関連会社に出向し、そこで事業の立て直しを行う展開が主となります。
ワイン業界、音楽業界と、様々な業界で勉強しながら経験を積み、熟慮断行、公正明大に振る舞い、ときには運を味方につけ、また仲間のフォローも受けてビジネスを成功させる。
派閥に属さないまま、やり手のサラリーマンとしてその地位を確固たるものとする島耕作の活躍ぷりは課長から健在です。
仕事の責任は大きくなりましたが、前作が楽しめれば本作も引き続き楽しめる内容と思います。

彼の無理難題や圧力にもひるまず毅然と立ち向かう姿は、仕事の進め方の教科書としても通用するんじゃないかなと思うほどです。
脅しや嫌がらせなど、向かい風の無いポジションでもないにも関わらず、堂々とかつ楽しそうに仕事をする姿は、日本のサラリーマンとして憧れる姿に映りました。
ただ、部長になってある程度年を重ねているのですが、相変わらず女性関係は激しく、偶然街で出会った美女ととりあえず一発ヤッて、後でその子がお助けキャラとして登場するパターンは健在です。
サラリーマンの教科書とするには、島耕作レベルのセクシーを備える必要があるため難しいですね。

登場人物は大部分が過去作から引き続きます。
キャラの書き分けがちゃんとできていて、油も落ちたオジサマ達も久しぶりに登場しても大体覚えているので、非常に読みやすいです。
また、作中重要人物が死んでしまうのですが、その葬式シーンが本当に良かったです。
本当に、読者である私も含めて、皆に好かれるキャラクターだったんだなと、悲しいというよりも嬉しい気持ちになりました。名シーンだと思います。
大阪ショウルーム時代の部下・今野が本作では島の上長になるのですが、彼とのやり取りの最後もすごくスッキリします。
素晴らしいと思うのは、天罰覿面して"ざまあみろ"で終わるのではなく、ちゃんと向き合って理解してもらうところですね。
ご都合主義なところもあるのですが、真面目に生きている島耕作がちゃんと成果を上げる姿は、読んでいてとても気分がいいです。

ラストはついに取締役に就任します。
島耕作のサクセスストーリーは次回作に続きます。

すべて表示

この漫画が含まれるまとめ

この漫画が含まれている
まとめリストがまだありません

レビューしてまとめリストに追加する

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...