10月の少女たち

作者
萩尾望都
出版社
小学館

138

既刊1巻

発刊:2012.10.13

あらすじ・ストーリー紹介
とある10月…。住む場所も、歳も異なる少女たちは、それぞれにかけがえのない「時」を迎え、とまどい、心を揺らしながら少しずつ大人になろうとしていた…、やがて少女たちに訪れるのは?伝説のコミック専門誌「COM」に発表されたオムニバス作品をはじめ、「精霊狩り」「赤ッ毛のいとこ」「みつくにの娘」などSF、コメディーからファンタジー等バラエティーに富んだ作品群は「少女まんが」に於ける混迷と萌芽の時代・1970年前後のリアルな息吹を伝える。ほかに入手困難だった青年誌掲載作品等16作を収録する必携の傑作短編集。

このマンガのレビュー

レビューがありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

オススメのマンガ