あらすじストーリー紹介

世界が崩壊しても、片想いは終わらない。 押見修造(漫画家)、驚嘆。 志村貴子(漫画家)、恐怖。 村田沙耶香(小説家)、絶賛。 高月(こうづき)かのん、23歳。 高校時代からストーカー的に想いを寄せる境(さかい)先輩と、 アルバイト先の喫茶店で再会を果たす。 でも、いけない。 先輩は世界の英雄で、そして他の人のモノだから。 ストーカー気質メンヘラ女子の痛すぎる恋に、共感の嵐です!

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.62

161件の評価

クウカさんのアイコン

クウカ

N9oi6R
5ヶ月前

3.0

5巻まで読みました

このレビューにはネタバレを含みます。

すごく複雑な気持ちになる漫画。
白鳥の湖とか、カノン流しながら読んだ。

主人公の執着に共鳴する部分もあるから複雑なんだと思う。不倫は気持ち悪い。けど、不倫を許す許さないと裁く権利は当人間にしかないしな…とかグルグルして、より気持ち悪くなっちゃった。
主人公は好きゆえに空回りしちゃうのだな〜経験ないゆえ力こめすぎちゃうのだな〜。
そこのとこへの共感性羞恥もあり…。

1巻読んだときは『青野くんに会いたいから死にたい』と同じ空気感を感じた。
『あげくの果てのカノン』から不倫の気持ち悪さを抜いたのが『青野くん〜』って感じ。

ただ、変わっていくことの恐ろしさとか、好きという魔力が空回っちゃう痛々しさとか、非情に描き出してる作品だと思う。読んでてとっても辛かった。主人公のことも好きになれない。


最後のシーン松木平さんじゃないのかよ!!!
先輩???え???
巻数の限界なんだろうけど、伏線も広げっぱなしで、
修復のこととか、地下地上のこととか気になる設定も多くてもやもや。でもそのSFぶっ飛び具合があったからこそ、主人公の気持ち悪い部分とか、不倫とかに対する嫌悪感が緩和されてる感じはした。

すべて表示

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...