幽麗塔のあらすじストーリー紹介

時は昭和29年、舞台は神戸。ニートの天野は、幽霊塔と呼ばれる時計塔で、白い何者かに襲われ死の寸前、謎の美青年・テツオに救われる。テツオは曰く「幽霊塔の財宝探しを手伝えば、金も名誉も手に入る」。しかしテツオの正体は、男を装う女であり、その名も偽名であった……。

はじめての方はこちら

幽麗塔のクチコミ

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.53

160件の評価

レビューがまだありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする
Loading ...