乃木坂太郎

matsuo、みう、他2人がファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

乃木坂 太郎(のぎざか たろう、1968年 - )は、日本の男性漫画家。石川県七尾市出身で日本大学藝術学部映画学科を卒業し、代表作に『医龍-Team Medical Dragon-』がある。1999年に『HOOP STAR』を『週刊少年サンデー増刊号』に連載して漫画家の活動を始め、2000年に『キリンジ』を『週刊少年サンデー』に短期集中で連載した。小学館の漫画雑誌『ビッグコミックスペリオール』に、『医龍-Team Medical Dragon-』を2002年から2011年まで連載して第50回(平成16年度)小学館漫画賞青年向け部門、『幽麗塔』を2011年12号から2014年22号まで連載して2014年度第14回センス・オブ・ジェンダー賞大賞、となり、『第3のギデオン』を2015年12号から2018年10号まで連載する。漫画家の松江名俊と親交があり、松江が運営するウェブサイトや短編集「史上最強のガイデン」内のおまけページにイラストを寄稿するなどの交流が見られる。

4

並び替え:

連続殺人犯の女VS型破りな児相職員。面会室の強化アクリル板を挟んだ虚々実々の駆け引き!!会う度、彼女の言葉、表情、仕草に翻弄されてゆく。彼女の本性は冷酷で狡猾な殺人者?それとも薄幸な被虐待児? 表情の表現、とんでも無く上手い!面会場面は『羊たちの沈黙』のような緊張感。そして刻一刻と変わりゆく展開で先が全く読めない。 これは……めちゃくちゃ面白いっ!!!by おおがらす (431)

◆こんな方にオススメ ・俺は一匹狼だ! ・医学に興味がある学生さん スコアは該当する方へ ◆感想 ◎ストーリー まず主人公がかっこいいんですよね。孤高の狼だがトップレベルの技量を持っている。私はこういう一匹狼的な主人公が好きです。また、主人公のまわりを固める4人もそれぞれが同じように狼的な要素があり、私はしびれますね。ストーリーは人を選ぶようなものではないため、人を選ぶような独特の渋みは少ないように思います。あとは医療の現場を知ることができるので、私はこういう楽屋ネタは好きです。 ◎画 若干クセがありますが、それが気になって読めない、ということはないと思います。by Rodan先生 (49)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +