岸辺露伴は動かない

荒木飛呂彦

3.92

8038

発刊:2013.11.19 〜

既刊2巻

『岸辺露伴は動かない(1)』巻の書影
『岸辺露伴は動かない(2)』巻の書影
都合のいい男こすけさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

杜王町在住の人気漫画家・岸辺露伴。好奇心に溢れ、リアリティを追求する彼が、さまざまな取材先で体験した恐怖のエピソードとは…!? 『懺悔室』『六壁坂』『富豪村』『密漁海岸』『岸辺露伴 グッチへ行く』の5編を収録。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.92

242件の評価

3.9

2巻まで読みました

ジョジョ4部に登場したマンガ家「岸辺露伴」を主人公にしたスピンオフ。
一話完結形式で、執筆時期の異なる単発作品をまとめた作品です。
発表雑誌も違っていて、作品によっては、ファッション雑誌の『SPUR』や、少女マンガ雑誌の『別冊マーガレット』に掲載されていたものもあります。
2022年2月現在、2018年の週刊少年ジャンプに掲載されていた作品が最新作で、以降新作はないですが、特に完結はしていないので、続きが描かれる可能性はあります。

岸辺露伴がマンガの取材として訪れた先で遭遇した出来事や、伝聞で得た奇妙な話、体験談などを、岸辺露伴がストーリーテラーとして紹介するストーリーが多いですが、岸辺露伴が登場するということ以外に特にフォーマットのようなものはない様子です。
岸辺露伴の聞いた話を紹介するストーリーもありますが、移動先での不可思議な事象にヘブンズドアーで切り抜ける展開も多いです。
岸辺露伴が行動した結果引き起こされた出来事もあるため、"動かない"というタイトルにも深い意味は無いと思われます。
「スタンド攻撃なのでは?」と思うこともあるのですが、作中、新たな敵スタンドの攻撃を受けたという明確な描写は無く、最新の作品では貴重な"スタンドバトル"ではない荒木飛呂彦作品だと思います。

時期的にジョジョリオン連載時に描かれたものがほとんどなのですが、ストーリーはわかりやすく読みやすいです。
ただ、第4部執筆時に比べると絵柄が結構変わっていて、違和感があります。
2巻まで収録分の岸辺露伴については、キャラクターは変わっていないので、そういう意味では、今のところまだ4部ファンも安心して読めると思います。
ちなみにトニオ・トラサルディーも登場するのですが、こちらはあまり違和感を感じませんでした。
4部のキャラだと、虹村億泰がセリフ付きで登場しますが、こっちは顔が変わっていました。
でも、億泰っぽいパーなセリフなので、違和感よりも懐かしさを感じますね。

その他、山岸由花子などが登場します。
また、岸辺露伴という強烈なキャラクター自体が、4部のストーリーありきな存在なため、4部未読で本作は楽しめないかなと思います。
岸辺露伴ファンには期待を裏切らない作品集です。

すべて表示

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...