終わりのセラフ

山本ヤマト鏡貴也降矢大輔

3.65

10402

発刊:2013.01.04 〜

既刊24巻

『終わりのセラフ(1)』巻の書影
『終わりのセラフ(2)』巻の書影
『終わりのセラフ(3)』巻の書影
『終わりのセラフ(4)』巻の書影
『終わりのセラフ(5)』巻の書影
『終わりのセラフ(6)』巻の書影
『終わりのセラフ(7)』巻の書影
『終わりのセラフ(8)』巻の書影
『終わりのセラフ(9)』巻の書影
『終わりのセラフ(10)』巻の書影
『終わりのセラフ(11)』巻の書影
『終わりのセラフ(12)』巻の書影
『終わりのセラフ(13)』巻の書影
『終わりのセラフ(14)』巻の書影
『終わりのセラフ(15)』巻の書影
『終わりのセラフ(16)』巻の書影
『終わりのセラフ(17)』巻の書影
『終わりのセラフ(18)』巻の書影
『終わりのセラフ(19)』巻の書影
『終わりのセラフ(20)』巻の書影
『終わりのセラフ(21)』巻の書影
『終わりのセラフ(22)』巻の書影
『終わりのセラフ(23)』巻の書影
『終わりのセラフ(24)』巻の書影
Mayukaさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

未知のウイルスにより人類は壊滅、子供だけが生き残り、地下都市で吸血鬼に支配されていた。勝気な少年・百夜優一郎は仲間たちの犠牲のもと、ただ一人脱出に成功、復讐を誓う。優一郎が見た新しい地上の世界とは!?

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...