進撃の巨人 悔いなき選択

駿河ヒカル「進撃の巨人」製作委員会

3.30

2329

発刊:2014.04.09 〜

完結・全2巻

『進撃の巨人 悔いなき選択(1)』巻の書影
『進撃の巨人 悔いなき選択(2)』巻の書影
うにたべたいさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

王都の地下で、立体機動装置を操る窃盗団が目撃された!しかも、リーダー格の男は調査兵団クラスの実力を持つと見え・・・。調査兵団の若き分隊長・エルヴィンはリヴァイと名乗るその男に、ある取引を持ちかける。「王都のゴロツキ」はいかにして「人類最強」へと歩みを進めたか――!?『進撃の巨人』人気キャラクター・リヴァイ兵長とエルヴィン団長の出会いを描く、話題騒然スピンオフ、始動!!

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.30

35件の評価

4.1

2巻まで読みました

『進撃の巨人』のスピンオフ作品。
「リヴァイ兵長」の入団前、入団直後のエピソードを描いたもので、「エルヴィン・スミス」や「ハンジ・ゾエ」との出会いや、調査兵団に入った経緯を知ることができます。

王都の地下に続く広大な居住空間。
主に貧困層がねぐらにする、スラム化した街で、リヴァイは立体機動装置を操り、仲間たちとともに窃盗団を形成して生活していました。
その鮮やかに動き回る姿に目をつけたエルヴィンは、リヴァイ一行を取り押さえ、調査兵団にスカウトします。
リヴァイたちはある企みからその申し出を受け入れ、調査兵団に入団するという展開です。
作画は諫山創氏ではなく、ストーリー原案、作画と別の方が担当しています。
絵は本編よりもキレイなくらいで、立体機動装置によるアクションシーンなど動きのある場面もとてもうまく描かれています。
また、原作者の独特の雰囲気も壊されておらず、本編そのままのリヴァイ兵長の過去を違和感なく読むことができると思います。

ただ、"巨人"だけは異なる感じがしました。
登場するのは"無垢の巨人"のみなのですが、原作の不気味でイカれた巨人達に比べると、どことなくキレイ過ぎる気がします。
あの不気味な巨人たちに人がスナック菓子のようにポリポリ食われるのが"進撃の巨人"をそうたらしめる重要な要素と思うので、そういう意味で別の作者によるスピンオフだなという感じがありました。
あと、ハンジももっとクレイジーなキャラだったのに、本作ではイカれっぷりが軽減されているように感じます。
原作よりも"キレイな進撃の巨人"という感じを受けました。

ただ、その点を除けば、リヴァイファンも納得のできだと思います。
なお、掲載誌の「ARIA」は女性向けの雑誌でしたが、本作自体は女性向けに描かれた雰囲気はなく、巨人たちに人間がポリポリ食われるのもいつも通りです。
若き日のリヴァイたちが巨人たちを駆逐するかっこいい姿が見れます。リヴァイファン必見のスピンオフですね。

すべて表示

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...