DEAR BOYS

八神ひろき

3.35

3287

発刊:1989.12.13 〜

完結・全23巻

『DEAR BOYS(1)』巻の書影
『DEAR BOYS(2)』巻の書影
『DEAR BOYS(3)』巻の書影
『DEAR BOYS(4)』巻の書影
『DEAR BOYS(5)』巻の書影
『DEAR BOYS(6)』巻の書影
『DEAR BOYS(7)』巻の書影
『DEAR BOYS(8)』巻の書影
『DEAR BOYS(9)』巻の書影
『DEAR BOYS(10)』巻の書影
『DEAR BOYS(11)』巻の書影
『DEAR BOYS(12)』巻の書影
『DEAR BOYS(13)』巻の書影
『DEAR BOYS(14)』巻の書影
『DEAR BOYS(15)』巻の書影
『DEAR BOYS(16)』巻の書影
『DEAR BOYS(17)』巻の書影
『DEAR BOYS(18)』巻の書影
『DEAR BOYS(19)』巻の書影
『DEAR BOYS(20)』巻の書影
『DEAR BOYS(21)』巻の書影
『DEAR BOYS(22)』巻の書影
『DEAR BOYS(23)』巻の書影
Ikuruさんが読んでいます

あらすじストーリー紹介

バスケの名門校・天童寺から瑞穂に転校してきた哀川和彦。哀川は廃部寸前だった瑞穂バスケ部への入部を希望した。175cmの身長でダンクを決める哀川の実力と、バスケにかける情熱で活動を再開した男子バスケ部。そして、最初の練習試合の相手が成田中央に決まった。男子バスケ部を活動停止に追い込んだ、元顧問・下條の転任先。因縁の試合に熱くなった藤原が暴走し、チームワークを乱す瑞穂。それを相手に、冷静に得点を重ねる成田中央。因縁の試合は瑞穂不利のまま、後半戦に突入する!!

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.35

47件の評価

レビューがまだありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...