仙術士李白

106

既刊1巻

発刊:2015.08.04

あらすじ・ストーリー紹介
大唐開元四年、豊かな時代。この仙術至上の世界で、一人光り輝く少年、李白が現れた。李白は幼いころから仙術士「焦煉師」に弟子入りし、15歳にして一人前の仙術士となった。父の願いを叶えるため、李白は翰林院に入り、国家仙術士になると誓った。仙術士が溢れる時代に、庶民出身の天才仙術士李白は夢を叶えられるのか? 李白と同年だがすでに進士に受かった王維など、数多くの唐代詩人が仙術の舞台で活躍する物語!