チオノポリス

154

完結・全1巻

発刊:2012.12.15

あらすじ・ストーリー紹介
「応答せよ、応答せよ、こちらチオノポリス、ブレンダン隊員」――。 かつて天才少年と呼ばれた弟・アダムは、事故により幼児退行してしまう。 兄のブレンダンは変声期を迎えるが、大人になることにおびえている。 その時、大切なスノードームの中にいるはずの、人形が消えた……。 『銀河六巡り』そして『しらまり』と、魅力的な作品を作り続ける新鋭・高橋拡那、初の作品集『チオノポリス』。 表題作に加え、「ウンター・ガングの英雄」、「紅竜会のおしごと」、「三千世界の鴉は死なぬ」、「少年と幽霊」、「悪い映画で一度死んだ」、「HEATH's native HEATH」、「少年と幽霊の思い出」の8作品を収録。特厚288ページで構成!

このマンガのレビュー

レビューがありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

オススメのマンガ