ライチ・光クラブ

古屋兎丸東京グランギニョル「ライチ光クラブ」

3.50

4045

発刊:2006.06.01 〜

既刊1巻

『ライチ・光クラブ(1)』巻の書影
ぽん酢さん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

驚愕!戦慄!興奮!工場の煙に覆われた蛍光町の片隅にある、「光クラブ」と名づけられた少年たちの秘密基地。その場所で、ある崇高なる目的のために作られた「機械(マシン)」が目を覚ました。鳴り響く笛の音、狂気をはらんだ叫び声…。熱狂する彼らの目的は!?「機械(マシン)」の正体とは―!?80年代、伝説の劇団「東京グランギニョル」の舞台を、鬼才古屋兎丸がマンガ化した衝撃作、ついに単行本化!

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...