八雲立つ

樹なつみ

3.62

1762

完結・全19巻

『八雲立つ(1)』巻の書影
『八雲立つ(2)』巻の書影
『八雲立つ(3)』巻の書影
『八雲立つ(4)』巻の書影
『八雲立つ(5)』巻の書影
『八雲立つ(6)』巻の書影
『八雲立つ(7)』巻の書影
『八雲立つ(8)』巻の書影
『八雲立つ(9)』巻の書影
『八雲立つ(10)』巻の書影
『八雲立つ(11)』巻の書影
『八雲立つ(12)』巻の書影
『八雲立つ(13)』巻の書影
『八雲立つ(14)』巻の書影
『八雲立つ(15)』巻の書影
『八雲立つ(16)』巻の書影
『八雲立つ(17)』巻の書影
『八雲立つ(18)』巻の書影
『八雲立つ(19)』巻の書影
pupuさんが読んでいます

あらすじストーリー紹介

七本の神剣を集め、古代の怨念を昇華せよ! ──島根県の山奥の村で49年に一度だけ行われる秘祭・神和祭(かんなぎさい)の取材に同行した七地健生(ななちたけお)は、巫女として舞っていた少年・布椎闇己(ふづちくらき)と出会うが…!?

この漫画の詳細情報

出版社
掲載誌
はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.62

9件の評価

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...