椿三十郎

129

既刊1巻

発刊:----.--.--

あらすじ・ストーリー紹介
1962年(昭和37年)1月1日に東宝が封切り公開した日本映画「椿三十郎」を小島剛夕が劇画化した。映画に非常に忠実に劇画化している。映画の躍動感が伝わってくるタッチである。巻末に「映画の看板描きから劇画の世界へ」という小文がある。小文は、漫画家小島剛夕誕生の歴史を物語っている。

このマンガのレビュー

レビューがありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

オススメのマンガ