文庫版 BASARA

田村由美

3.62

1006

発刊:2002.02.01 〜

既刊16巻

『文庫版 BASARA(1)』巻の書影
『文庫版 BASARA(2)』巻の書影
『文庫版 BASARA(3)』巻の書影
『文庫版 BASARA(4)』巻の書影
『文庫版 BASARA(5)』巻の書影
『文庫版 BASARA(6)』巻の書影
『文庫版 BASARA(7)』巻の書影
『文庫版 BASARA(8)』巻の書影
『文庫版 BASARA(9)』巻の書影
『文庫版 BASARA(10)』巻の書影
『文庫版 BASARA(11)』巻の書影
『文庫版 BASARA(12)』巻の書影
『文庫版 BASARA(13)』巻の書影
『文庫版 BASARA(14)』巻の書影
『文庫版 BASARA(15)』巻の書影
『文庫版 BASARA(16)』巻の書影
うにたべたいさんが読んでいます

あらすじストーリー紹介

あらすじがまだ登録されていません。
Wikipediaで検索する

この漫画の詳細情報

出版社
はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.62

10件の評価

4.7

16巻まで読みました

婆娑羅(BASARA)、それは伝統や風潮によって定められてきた決まりや権威を嘲笑し、派手にそして自由に振る舞うという意味を持つタイトル通りの作品でした。

遠い未来、文明が潰えた後の日本を舞台とした仮想戦記モノ。
各地で戦闘を繰り広げながら、理想の国、復讐、仄かな恋心を成さんと戦い続けるタタラと呼ばれた運命の子を主人公とした作品です。
後ろ2冊は外伝で全27巻、絵はきれいというより激しいタッチになっていて、内容もハードで読みやすい作品ではないです。
少女漫画雑誌で連載されるにはあまりにもハードかつウェットなのですが、本作が連載されていたベツコミは吉田秋生や萩尾望都といった作家陣が執筆していたので、そう考えると驚くとこではないかもしれないです。

20世紀末、誰かの予言通り地球は滅亡の危機を迎えた。
その300年後、山陰地方の白虎の村で、運命の子「タタラ」が誕生する。
タタラが15歳になったとき、村はその地方を統治していた赤の王に襲撃されてしまう。
村は焼かれ、そしてタタラも惨殺されてしまうが、その事実を公にする訳にはいかず、妹の更紗は髪を切り、殺されたのは妹の更紗であると告げてタタラを名乗る。そして、運命の子として戦う決意をする。

日本は黒の王、白の王、蒼の王、赤の王が分割して統治していて、最上位に国王がいます。
国民は圧政を強いられていて、国王軍に対抗する人々が各地にいます。白虎の村もその一つ。
時代的には未来ですが、コンピュータが登場せず、移動は馬、通信は伝書フクロウです。

長くハードな内容で、とてもおもしろいのですが、読むのが大変でした。
この種の漫画は慣れが必要ですね。あっという間に読んでしまったという評価が多いですが、とんでもない、壮大な物語をようやく読み終えたという気持ちになりました。
登場人物も多く、頻繁にこれ誰だっけとなりましたので、ネタバレに気をつけながら、Wikipediaをチェックしながら読んでました。
それでも、このキャラはいつから出てきた?とか、剣は結局揃ったんだっけ?とか色々分からなくなったので、再読しようと思います。

ラストは感動必至。すんげぇ良かったです。

この漫画が含まれるまとめ

この漫画が含まれている
まとめリストがまだありません

レビューしてまとめリストに追加する

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...