佐武と市捕物控

447

完結・全20巻

発刊:----.--.--

あらすじ・ストーリー紹介
闇に一閃刀が光り、しじまを切り裂き悲鳴が響く。今日もどこかで人が死に、今日もどこかで人が泣く――。文化文政の江戸の町を舞台に、下っ引きの佐武と盲目の剣の達人・市の二人の活躍を描いた、巨匠・石ノ森章太郎の大傑作!

このマンガのレビュー

レビューがありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

オススメのマンガ