石森章太郎さんの作品の書影

石森章太郎

ファンになる

作品数:19

ファンになる

石森章太郎の作品

一覧

闇に一閃刀が光り、しじまを切り裂き悲鳴が響く。今日もどこかで人が死に、今日もどこかで人が泣く――。文化文政の江戸の町を舞台に、下っ引きの佐武と盲目の剣の達人・市の二人の活躍を描いた、巨匠・石ノ森章太郎の大傑作!

三島由紀夫が「観念小説の最高傑作」と激賞した驚愕のロングセラー「家畜人ヤプー」。謎多き作家「沼正三」と「石ノ森章太郎」(作)という贅沢なコラボレーション。 2000年後の未来社会。時間と空間を征服した人類の宇宙帝国イース(EHS=The Empire of Hundred Suns)の幾百の遊星領には、前史時代以来の英王統の女系の女子が女王として君臨していた。女性が政治・軍事・司法・経営等の社会活動の一切を掌握し・・・

「厄を引き受けるお代は九十両――高いでしょうか、命の代金が…?」“売薬人”として諸国を巡り、“買厄人”として暗躍する男あり。その名は“九頭竜”―――九つの頭を持つ竜の前金物を携えてこれを知る者を探す“売薬人”あり! 母の亡骸の下で生き残ったその男は他者の厄介事を引き受ける“買厄人”としても暗躍しつつ仇敵の手掛かりを探し続ける――!!

城東学園シネ研が「グリングラス」なるスーパーヒーローの撮影をしていたところ、突然、ぬいぐるみのはずのグリングラスがスーパーパワーを発揮した!中に入っていた三太郎は、自分がスーパーヒーローだと信じ込んだが、本当に三太郎がグリングラスなのか!?そして、謎の襲撃者とは!?やがて明らかになってくる殺人ロボットをあやつる組織とは…。

すべて表示(19)

作品レビュー

一覧
hiさんのアイコン

hi

81hi81
1年前

3.2

1巻まで読みました

劇画家畜人ヤプー 正編「宇宙帝国への招待」続編「悪夢の日本史」【2巻セット】 豪華愛蔵版

レビュー(1)件

既刊1巻

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...