ザ・ワールド・イズ・マイン

新井英樹

3.61

1670

既刊13巻

『ザ・ワールド・イズ・マイン(1)』巻の書影
『ザ・ワールド・イズ・マイン(2)』巻の書影
『ザ・ワールド・イズ・マイン(3)』巻の書影
『ザ・ワールド・イズ・マイン(4)』巻の書影
『ザ・ワールド・イズ・マイン(5)』巻の書影
『ザ・ワールド・イズ・マイン(6)』巻の書影
『ザ・ワールド・イズ・マイン(8)』巻の書影
『ザ・ワールド・イズ・マイン(9)』巻の書影
『ザ・ワールド・イズ・マイン(10)』巻の書影
『ザ・ワールド・イズ・マイン(11)』巻の書影
『ザ・ワールド・イズ・マイン(12)』巻の書影
『ザ・ワールド・イズ・マイン(13)』巻の書影
『ザ・ワールド・イズ・マイン(14)』巻の書影
のぞさんが読んでいます

あらすじストーリー紹介

   1997年から2001年まで「週刊ヤングサンデー」に連載され、多くのクリエイターたちに影響を与えた衝撃作。 <p> 「使え…力は絶対だ」。女をさらい、平和な家庭に踏み込み、人を殺す。澄んだ目で、欲望にただ忠実に「力」を爆発させていく「モン」。弱い自分にはない「力」を切望し、モンを狂信的に慕う爆弾魔の「トシ」。彼らの起こす惨忍な事件とその言動は、社会現象に発展していく。一方で、北海道に全長8メートルを超える正体不明の巨大生物「ヒグマドン」が現れ、次々と人を襲いながら南下し、さらに巨大化しつつあった…。 <p> 「命は、平等に、価値がない」。何が正義で何が悪なのか。生とは、死とは? 著者は問いを投げかけ続け、最後まで決してその手をゆるめようとはしない。「だぷ… だぷ…」と音を立てるズタズタの遺体を入れたバケツ。死を前に泣き叫ぶ人々の表情。モンに愛を注ぐ女、息子が殺人犯と化したことを知った母親、事件を追いかける新聞記者、派手なパフォーマンスを続ける総理大臣、ヒグマドン退治に乗り出す老猟師、それぞれの人生。すべてがむきだしのまま、目の前に突きつけられる。 <p>   読者は、この物語に対峙している限り、こみあげる不快感と無力感に堪えることを強いられるだろう。だが、それでもページを繰る手を止めずに全14巻を読みきった時、壮大なラストシーンが深く、深く胸にしみてくる。(門倉紫麻)

この漫画の詳細情報

出版社
はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...