1 イチ

作者
山本 英夫
出版社
小学館

3.24

618

9

ヴァッハ、タカ、他7人が読んでいます

完結・全1巻

発刊:----.--.--

あらすじ・ストーリー紹介
赤熊は、喧嘩はしないと言い挑発に乗ってこないイチが目障りだった。イチは女子が他校の生徒に囲まれている所に出くわしても何もできず殴られるだけだった。そんなイチに無性に腹が立つ大熊は、他校の生徒共々イチを殴る。次の日からイチは女子を助けられなかった情けないやつとしていじめられる。そして小さい頃いじめられた記憶から「イチめられっ子」といわれると切れて無意識に暴れてしまうのだった。鬼鮫は転校してきて早々大熊の舎弟の女をナンパする。そして、大熊をも馬鹿にするのだった。イチは鬼鮫に関節技をかけられた時、いつもは震えて動かない足が動いたことで何かをつかむ。イチは大熊に鬼鮫は自分がやる。と言うのだが。