風光る

渡辺多恵子

3.39

1999

発刊:1997.11.01 〜

完結・全45巻

『風光る(1)』巻の書影
『風光る(2)』巻の書影
『風光る(3)』巻の書影
『風光る(4)』巻の書影
『風光る(5)』巻の書影
『風光る(6)』巻の書影
『風光る(7)』巻の書影
『風光る(8)』巻の書影
『風光る(9)』巻の書影
『風光る(10)』巻の書影
『風光る(11)』巻の書影
『風光る(12)』巻の書影
『風光る(13)』巻の書影
『風光る(14)』巻の書影
『風光る(15)』巻の書影
『風光る(16)』巻の書影
『風光る(17)』巻の書影
『風光る(18)』巻の書影
『風光る(19)』巻の書影
『風光る(20)』巻の書影
『風光る(21)』巻の書影
『風光る(22)』巻の書影
『風光る(23)』巻の書影
『風光る(24)』巻の書影
『風光る(25)』巻の書影
『風光る(26)』巻の書影
『風光る(27)』巻の書影
『風光る(28)』巻の書影
『風光る(29)』巻の書影
『風光る(30)』巻の書影
『風光る(31)』巻の書影
『風光る(32)』巻の書影
『風光る(33)』巻の書影
『風光る(34)』巻の書影
『風光る(35)』巻の書影
『風光る(36)』巻の書影
『風光る(37)』巻の書影
『風光る(38)』巻の書影
『風光る(39)』巻の書影
『風光る(40)』巻の書影
『風光る(41)』巻の書影
『風光る(42)』巻の書影
『風光る(43)』巻の書影
『風光る(44)』巻の書影
『風光る(45)』巻の書影
うきわさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

時は幕末。文久3年(西暦1863年)の京都。富永セイは、兄と父を「幕府を倒し天皇政治を起こそうとする長州勤皇派」に殺されてしまう。仇を討とうと考えたセイは、長州勤皇派に対立して兄が入隊したかった、「壬生浪士組」の入隊試験を受けた。そのために、名前を神谷清三郎とかえ、性別も男と偽った。なんとか入隊を許され、副長助勤の沖田総司の下に付くことができた清三郎。ところが、まわりはケダモノのような浪士だらけで…!?幕末青春グラフィティ!!

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...