名探偵コナン31

ここまで読んだブックマークする
『名探偵コナン(1)』巻の書影
『名探偵コナン(2)』巻の書影
『名探偵コナン(3)』巻の書影
『名探偵コナン(4)』巻の書影
『名探偵コナン(5)』巻の書影
『名探偵コナン(6)』巻の書影
『名探偵コナン(7)』巻の書影
『名探偵コナン(8)』巻の書影
『名探偵コナン(9)』巻の書影
『名探偵コナン(10)』巻の書影
『名探偵コナン(11)』巻の書影
『名探偵コナン(12)』巻の書影
『名探偵コナン(13)』巻の書影
『名探偵コナン(14)』巻の書影
『名探偵コナン(15)』巻の書影
『名探偵コナン(16)』巻の書影
『名探偵コナン(17)』巻の書影
『名探偵コナン(18)』巻の書影
『名探偵コナン(19)』巻の書影
『名探偵コナン(20)』巻の書影
『名探偵コナン(21)』巻の書影
『名探偵コナン(22)』巻の書影
『名探偵コナン(23)』巻の書影
『名探偵コナン(24)』巻の書影
『名探偵コナン(25)』巻の書影
『名探偵コナン(26)』巻の書影
『名探偵コナン(27)』巻の書影
『名探偵コナン(28)』巻の書影
『名探偵コナン(29)』巻の書影
『名探偵コナン(30)』巻の書影
『名探偵コナン(31)』巻の書影
『名探偵コナン(32)』巻の書影
『名探偵コナン(33)』巻の書影
『名探偵コナン(34)』巻の書影
『名探偵コナン(35)』巻の書影
『名探偵コナン(36)』巻の書影
『名探偵コナン(37)』巻の書影
『名探偵コナン(38)』巻の書影
『名探偵コナン(39)』巻の書影
『名探偵コナン(40)』巻の書影
『名探偵コナン(41)』巻の書影
『名探偵コナン(42)』巻の書影
『名探偵コナン(43)』巻の書影
『名探偵コナン(44)』巻の書影
『名探偵コナン(45)』巻の書影
『名探偵コナン(46)』巻の書影
『名探偵コナン(47)』巻の書影
『名探偵コナン(48)』巻の書影
『名探偵コナン(49)』巻の書影
『名探偵コナン(50)』巻の書影
『名探偵コナン(51)』巻の書影
『名探偵コナン(52)』巻の書影
『名探偵コナン(53)』巻の書影
『名探偵コナン(54)』巻の書影
『名探偵コナン(55)』巻の書影
『名探偵コナン(56)』巻の書影
『名探偵コナン(57)』巻の書影
『名探偵コナン(58)』巻の書影
『名探偵コナン(59)』巻の書影
『名探偵コナン(60)』巻の書影
『名探偵コナン(61)』巻の書影
『名探偵コナン(62)』巻の書影
『名探偵コナン(63)』巻の書影
『名探偵コナン(64)』巻の書影
『名探偵コナン(65)』巻の書影
『名探偵コナン(66)』巻の書影
『名探偵コナン(67)』巻の書影
『名探偵コナン(68)』巻の書影
『名探偵コナン(69)』巻の書影
『名探偵コナン(70)』巻の書影
『名探偵コナン(71)』巻の書影
『名探偵コナン(72)』巻の書影
『名探偵コナン(73)』巻の書影
『名探偵コナン(74)』巻の書影
『名探偵コナン(75)』巻の書影
『名探偵コナン(76)』巻の書影
『名探偵コナン(77)』巻の書影
『名探偵コナン(78)』巻の書影
『名探偵コナン(79)』巻の書影
『名探偵コナン(80)』巻の書影
『名探偵コナン(81)』巻の書影
『名探偵コナン(82)』巻の書影
『名探偵コナン(83)』巻の書影
『名探偵コナン(84)』巻の書影
『名探偵コナン(85)』巻の書影
『名探偵コナン(86)』巻の書影
『名探偵コナン(87)』巻の書影
『名探偵コナン(88)』巻の書影
『名探偵コナン(89)』巻の書影
『名探偵コナン(90)』巻の書影
『名探偵コナン(91)』巻の書影
『名探偵コナン(92)』巻の書影
『名探偵コナン(93)』巻の書影
『名探偵コナン(94)』巻の書影
『名探偵コナン(95)』巻の書影
『名探偵コナン(96)』巻の書影
『名探偵コナン(97)』巻の書影
『名探偵コナン(98)』巻の書影
『名探偵コナン(99)』巻の書影
『名探偵コナン(100)』巻の書影
『名探偵コナン(101)』巻の書影
『名探偵コナン(102)』巻の書影
『名探偵コナン(103)』巻の書影
『名探偵コナン(104)』巻の書影
『名探偵コナン(105)』巻の書影

名探偵コナン(31)のあらすじストーリー紹介

「頭神(かしらがみ)の森」で、身元不明の自殺死体が発見された。その死体は、背中の中に入っていたミルクとパンの品質保持期限から、四年前に自殺したものと推測される。依頼を受けたコナンと小五郎は、早速調査に出かけるが、依頼主のいる旅館に着くと、なんとすでに名探偵・毛利小五郎は到着しているという。一体、誰がなんのために小五郎の偽物を演じたのか?しかもその小五郎の偽物は、旅館の部屋の中で首をつって死んでいるのが発見された。多くの謎が絡み合い、事件が迷走する中、コナンは推理を始める

タイトルページへ
はじめての方はこちら
Loading ...