あくまでクジャクの話です。2

ここまで読んだブックマークする
『あくまでクジャクの話です。(1)』巻の書影
『あくまでクジャクの話です。(2)』巻の書影

あくまでクジャクの話です。(2)のあらすじストーリー紹介

“男らしくない”という理由で、彼女に浮気されフラれた教師・久慈弥九朗。世の中ジェンダーフリーのはずでは…!? と苦悶する彼の前に、モデルでインフルエンサーで文武両道で“生物学部”部長の女子・阿加埜が現れ、生物学部の顧問になってくれと迫る。そして、なぜ結局「男らしさ」がモテるために必要なのか、クジャクの派手な羽を例に“生物学的”な説明を始める…! しかしどうやら、阿加埜は久慈のことが好きな様子で…。身も蓋もない残酷な真実を突き付けまくる、生物学コメディ第2巻!

タイトルページへ
はじめての方はこちら
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.33

9件の評価

レビューがまだありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする
Loading ...