東京ヒゴロ

松本大洋

3.77

-15

既刊2巻

おおがらすさんが読んでいます

あらすじストーリー紹介

人は漫画を生きるのか。 大手出版社を早期退職した漫画編集者の塩澤。 理想の漫画誌を作るため、 自分が信じる漫画家たちを訪ね、執筆を依頼する。 仕事か、表現か、それとも友情か。 漫画を描く者、描かぬ者、描けぬ者、 東京の空の下、それぞれの人生が交差する。 松本大洋が初めて描く漫画家漫画、初めて語られる創作哲学。 これを読まずに松本大洋を知ることはできない、必読の一冊。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...