カラー版 ジョジョの奇妙な冒険

荒木飛呂彦

3.41

(9件)

既刊129巻

『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(1)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(2)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(3)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(4)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(5)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(6)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(7)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(8)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(9)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(10)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(11)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(12)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(13)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(14)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(15)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(16)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(17)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(18)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(19)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(20)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(21)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(22)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(23)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(24)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(25)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(26)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(27)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(28)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(29)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(30)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(31)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(32)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(33)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(34)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(35)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(36)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(37)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(38)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(39)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(40)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(41)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(42)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(43)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(44)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(45)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(46)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(47)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(48)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(49)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(50)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(51)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(52)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(53)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(54)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(55)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(56)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(57)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(58)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(59)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(60)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(61)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(62)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(63)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(64)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(65)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(66)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(67)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(68)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(69)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(70)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(71)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(72)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(73)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(74)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(75)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(76)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(77)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(78)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(79)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(80)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(81)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(82)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(83)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(84)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(85)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(86)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(87)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(88)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(89)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(90)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(91)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(92)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(93)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(94)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(95)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(96)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(97)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(98)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(99)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(100)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(101)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(102)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(103)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(104)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(105)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(106)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(107)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(108)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(109)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(110)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(111)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(112)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(113)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(114)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(115)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(116)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(117)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(118)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(119)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(120)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(121)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(122)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(123)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(124)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(125)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(126)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(127)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(128)』巻の書影
『カラー版 ジョジョの奇妙な冒険(129)』巻の書影
brien tさん、他1人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

【デジタル着色によるフルカラー版!】19世紀末英国。貴族・ジョースター卿は恩人の息子、ディオを養子にする。しかしディオはジョースター卿の実の息子、ジョナサン(ジョジョ)を退け、財産の横取りを計画! 謎の石仮面でジョジョを殺そうと画策する。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.41

9件の評価

brien tさんのアイコン

brien t

rentis
7ヶ月前

5.0

129巻まで読みました

私はアニメと同じくらいマンガに本当にあったことはありませんでした,アニメではないよりも多くの時間は、通常、漫画よりもエキサイ 私が年を取るにつれて、私は自分自身が漫画とその物語と恋に落ちることがわかりました。 青春漫画については、ヒットかミスのいずれかである何かがあります。 どちらか、彼らは偽の深い、または本当の深いです。 実際に深い漫画の例としては、おやすみぷんぷん、ベルセルク、新劇の狂人、またはモンスターがあります。 Vagabondは簡単にこのカテゴリに分類されますが、それ以上のものを提供しています。

ヴァガボンドは、すべての歴史の中で最も偉大な武士の一人である宮本武蔵の物語へのわずかな架空のアプローチです。 偉大な武士を知っている人のために、彼は間違いなくいくつかを指摘するために上杉謙信、武田信玄、源頼朝のような名前で開催されています。 だから、この物語は武士の物語です。 戦い、プロット、スキャンダル、そして幻想的な芸術はすべて含まれています。 これは私がしかしこの漫画と恋に落ちた理由ではありません、そしてあなたが表面だけからそれを見るならば、あなたはそれがなぜ10であるかを完全に理解していないか、理解していません。

ヴァガボンドはいくつかの主要な哲学的アイデアを探求しています。 それは"天の下で最大"、または"剣の道"、または"武士の道"であることは何を意味しますか。"戦争がないときの武士とは何ですか? 彼らの目的は何ですか? ヴァガボンドは、それが複雑でありながら混乱していない方法でこれらのアイデアのすべてを提案しています。 豪華な芸術、巧みに細工された物語、美しく書かれた文字は、平時に経験した1600年代の武士の闘争を表現するのに役立ちます。

私はちょうど媒体に入る人にこの漫画をお勧めしません。 あなたが青年漫画を読んだことがないなら、私はいくつかの古典から始めるでしょう(Ex。 ベルセルク)。 Vagabondは私のより経験豊かな読者のための漫画です。 それは深いアイデアを提示し、日本文化、武士道の重要な部分にレンズを提供します。 芸術は驚異的であり、ペーシングは完璧であり、文字は本物を感じ、それは宮本武蔵が誰であったか、そしてこの期間中の武士のジレンマを表しています。

このマンガが傑作だと言うのは、それを短く切っているが、それはそれである。 10. 私はあなたもそれを読んで、自分のために魔法を体験してください。

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...