復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する12

ここまで読んだブックマークする
『復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する(1)』巻の書影
『復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する(2)』巻の書影
『復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する(3)』巻の書影
『復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する(4)』巻の書影
『復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する(5)』巻の書影
『復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する(6)』巻の書影
『復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する(7)』巻の書影
『復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する(8)』巻の書影
『復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する(9)』巻の書影
『復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する(10)』巻の書影
『復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する(11)』巻の書影
『復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する(12)』巻の書影

復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する(12)のあらすじストーリー紹介

復讐の刃は、ついに神々へと向けられる――! 私利私欲を貪る貴族たちにより偽りの罪で処刑された元勇者・ラウル。悪と渡り合うには、それ以上の悪になるしかない。地獄を司る神へ復讐を遂げたラウルは、徐に「神殺しの鎌」を愛の女神の首へと向けた「復讐の本命はあんた」そう言い放つラウルに戸惑うばかりの女神。全ては愛のためと言い訳を並べ立てるも、追い詰められた女神はついに開き直り……。「それがあんたの『野望』か」 屈辱には屈辱を、肉欲に溺れた愛の女神、断罪の時――!!

タイトルページへ
はじめての方はこちら
Loading ...