『それでも歩は寄せてくる(1)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(2)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(3)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(4)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(5)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(6)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(7)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(8)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(9)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(10)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(11)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(12)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(13)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(14)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(15)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(16)』巻の書影
『それでも歩は寄せてくる(17)』巻の書影

それでも歩は寄せてくる(7)のあらすじストーリー紹介

「からかい上手の高木さん」山本崇一朗が描く超尊い将棋ラブコメ!この恋、詰むや詰まざるや…?将棋の初心者・田中歩は部長の八乙女うるしに勝って告白したい。棋力は程遠いけれども、ぐいぐい攻めてくる歩の姿勢に別の意味でセンパイは“詰む”かもしれない…というお話。 念願の正式な部になった将棋部だけど、一方で「二人っきり」ではなくなった歩とうるし、そして歩に憧れていた新入部員・凛の関係は…!? 密かに人気の微笑まカップル、タケルと桜子にも、心の変化が表れてーー。

タイトルページへ
はじめての方はこちら
Loading ...