あらすじストーリー紹介

「あの人、本当は怒りたいんじゃないの?」高校への進学を機に、叔父の家に居候することになった直達。だが最寄りの駅に迎えにきたのは見知らぬ大人の女性、榊さんだった。案内された家の住人は、親に黙って脱サラしたマンガ家(叔父)、女装の占い師、ヒゲメガネの大学教授、どこか影のある25歳OLと、いずれも曲者揃い。そこに高校1年生の直達を加えて、男女5人での一つ屋根の下、奇妙な共同生活が始まった。共同生活を送るうち、日々を淡々と過ごす25歳OLの榊さんに淡い思いを抱き始める直達だったが、彼女と自分との間には思いも寄らぬ因縁が……。少年が家族の元を離れて初めて知る、家族の「罪」。自分もその被害者なのかもしれないが、加害者でもあるような気がする。割り切れないモヤモヤした思いを抱きながら、少年は少しずつ家族を知り、大人の階段を上っていく。前作から4年の沈黙を破った田島列島が、ユーモラスかつセンシティブな独特の筆致で描くのは、家族の元を離れて始まる、家族の物語。家族の元を離れて始まる、家族の物語。高1春、曲者揃いの住人たちと男女5人の共同生活を始めた直達。彼が淡い想いを寄せる25歳OLの榊さんとの間には、思いも寄らぬ因縁が……。「別冊マガジン」連載時より作家、著名人、漫画読みから絶賛の声が続々!宝島社「このマンガがすごい!2015」オトコ編第3位、マンガ大賞2015第2位など各漫画賞を総ナメにした名作『子供はわかってあげない』の田島列島、待望の最新作!

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
4.05

140件の評価

4.6

3巻まで読みました

2021年マンガ大賞のノミネート作品。
別冊少年マガジン掲載作品ですが、主人公は高校生男子であるものの、どちらかというと大人の女性向けのストーリー展開とタッチの作品です。

高校入学を機に、叔父の家に厄介になることになった主人公「熊沢直達」は、最寄り駅の迎えとして「榊千紗」という女性が現れ困惑します。
彼女は叔父の彼女などではなく、実は叔父の家は共同住宅となっていて、そこには叔父と千紗、そして直達の他に女装占い師の「泉谷」と大学教授の「成瀬」が住んでいました。
そんな折、直達の歓迎会を兼ねたバーベキューで、直達は千紗と成瀬の会話を立ち聞きしてしまう。
その内容によれば、直達の父と千紗の母は過去に不倫関係にあり、それ以来、千紗の母は帰宅していないということでした。
直達の両親と千紗の両親、両親が過去に犯してしまった過ちと、千紗の思い、何も知らずにのうのう生きてきた直達の複雑な感情が入り混じり、過去に引きずられる千紗と、直達の決断が描かれる展開となっています。

ストーリー展開を読むと両親の不倫と今の自分達の切った張ったで殺伐とした暗い展開が続きそうな感じがしますが、シリアスなシーンは一部で、基本的にはのほほんとした大人たちが面白がって煽り立てるような内容となっています。
問題となった出来事は過去であり、今生きている彼らは上る以外に道がないわけで、わかりやすく清々しい物語でした。
暗いテーマですが、一本道でテンポが良く、バトルやファンタジーはなくても、中高生の男子が読んで楽しめる内容だと思います。

登場人物の複雑な心境を描きながらも、男女として惹かれ合う様が丁寧に描かれています。
タッチは素朴ですが、女の子はちゃんと可愛く描かれていて、照れる仕草などとても良い感じです。
ボーイ・ミーツ・ガールな部分も魅力的なので、ラブコメとしても期待できる作品だと思います。

全3巻でキレイに完結しています。
ラストは、個人的には良かったと思いますが、人によっては別のキャラとくっついて、青年期の思い出として語られるENDの方が良かったと思う可能性がありますね。
私的には、遠回りしながらも収まるべきところに収まったので、この後も考えると最も幸せな終わり方だったんじゃないかなと思いました。
読む前と読んだ後で、結構印象の変わる作品です。
評判通りの名作でした。

すべて表示

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...