進撃の巨人 果てに咲く薔薇

136

既刊2巻

発刊:2019.04.09

あらすじ・ストーリー紹介
全米、驚愕……そして感動。 アメリカで産まれた『進撃の巨人』のあの日の物語が、海を渡り日本に凱旋! 巨人の侵攻をも感じぬ壁の最奥、ウォール・シーナの中で安穏と暮らす貴族たち。 そこで育った憲兵団大将の末娘、ロザリー・デュマルクは壁の向こうに思いを馳せていた。 彼女は父の制止を振り切り、巨人との戦いの最前線、トロスト区駐屯兵団へと入団する。 そこで彼女を待ち構えていたのは堕落した駐屯兵団と、最強にして孤高の兵士ジャックスだった。