好きな子がめがねを忘れた10

ここまで読んだブックマークする

好きな子がめがねを忘れた(10)のあらすじストーリー紹介

三重さんがめがねを忘れなくなった。今日だ、今日言おう。「隣の席の好きな子」にずっと伝えたかったことを。小村くん、決意の一日が始まります。ゼロ距離ラブコメ、ドキドキ限界突破の第10巻!

タイトルページへ
はじめての方はこちら
Loading ...