名もなき羊たちの町 -Story of Carocheila-

笠井スイ

3.00

319

発刊:2018.06.15 〜

完結・全1巻

『名もなき羊たちの町 -Story of Carocheila-(1)』巻の書影

あらすじストーリー紹介

そこは、罪を背負ったものが辿りつく町 架空の町“カロチーラ”を舞台に描かれる、罪と裏切りと再生の連作集。 Story of Carocheila 「カミキリ」 母親の死を自分のせいだと思い、罪の意識に囚われる少女・ミルラ。 行くあてもなく電車に乗ったミルラは、カロチーラで散髪屋を営むルーと出会う。 少女と青年の再生の物語。 Story of Carocheila 「Scissor」 ふたりでの生活を始めたルーとミルラ。 穏やかな毎日を送るふたりの前に、シェンナと名乗る女性が現れる。 シェンナとルーには、拭いがたい“過去”があった。 贖罪と希望の物語。 『ジゼル・アラン』の笠井スイが、個人誌として発表していた幻の作品群を単行本化。 同時発売の「マリア様のいない町 -Story of Carocheila-」には、 「Solitude」と「金雀枝(エニシダ)」の2編を収録。 全4遍からなる架空の町“カロチーラ”の物語。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.00

1件の評価

レビューがまだありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

この漫画が含まれるまとめ

この漫画が含まれている
まとめリストがまだありません

レビューしてまとめリストに追加する

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...