つごもりの通り道

日野雄飛

425

発刊:2018.07.30 〜

既刊2巻

『つごもりの通り道(1)』巻の書影
『つごもりの通り道(2)』巻の書影

つごもりの通り道のあらすじストーリー紹介

よろず屋『つごもり』の主人、月森 藍次(つきもり あいじ)は人の形を借りた異形の者。警官の万善 巌(ばんぜん いわお)は、何故か月森の助手を務めている従兄弟(いとこ)の万善 未散(ばんぜん みちる)を守ろうと、なりゆきから月森と交尾をして精を与えることになってしまった。よろず屋には次々と不思議な依頼がやってきて、人と妖が交わるときに何かが起こる…。巌と未散の過去を描いた序章、「そこにない花」も同時収録。

つごもりの通り道の漫画の詳細情報

出版社
掲載誌
ジャンル
はじめての方はこちら

レビューがまだありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする
Loading ...