キャッツ・アイ

北条司

3.36

1667

完結・全18巻

『キャッツ・アイ(1)』巻の書影
『キャッツ・アイ(2)』巻の書影
『キャッツ・アイ(3)』巻の書影
『キャッツ・アイ(4)』巻の書影
『キャッツ・アイ(5)』巻の書影
『キャッツ・アイ(6)』巻の書影
『キャッツ・アイ(7)』巻の書影
『キャッツ・アイ(8)』巻の書影
『キャッツ・アイ(9)』巻の書影
『キャッツ・アイ(10)』巻の書影
『キャッツ・アイ(11)』巻の書影
『キャッツ・アイ(12)』巻の書影
『キャッツ・アイ(13)』巻の書影
『キャッツ・アイ(14)』巻の書影
『キャッツ・アイ(15)』巻の書影
『キャッツ・アイ(16)』巻の書影
『キャッツ・アイ(17)』巻の書影
『キャッツ・アイ(18)』巻の書影

あらすじストーリー紹介

ミケール・ハインツというヨーロッパの画家の作品や遺物ばかりを狙う謎の女盗賊キャッツアイ。刑事・内海俊夫は、いつもキャッツアイの逮捕に失敗し、上司に怒鳴られ、左遷の危機にもあった。そんな俊夫の恋人で、俊夫の勤務する署の前でこの盗賊と全く同じ店名の喫茶店を営む来生瞳は、いつも俊夫の愚痴を聞いては叱咤激励している。だが、瞳ら来生三姉妹こそ、キャッツアイの正体だった。

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.36

26件の評価

レビューがまだありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...