瑚白ゆうさんの作品の書影

瑚白ゆう

ファンになる

作品数:13

ファンになる

瑚白ゆうの作品

一覧
『幼な妻の憂い』の書影

幼な妻の憂い

339

発刊: 2018.10.4 ~

既刊1巻

ダナは18歳年上の銀行家マークと出会った瞬間、ひと目で心奪われた。彼もまた、ダナの父親からの話によると結婚を望んでいるという。彼の理想の妻になりたい――そう決意したダナは2週間後、周囲に祝福されて花嫁となった。しかしついに結ばれるはずの初夜にマークは寝室をふたつ用意したと告げる。なぜ!? 納得がいかないダナにマークがつい口にした言葉を聞いて愕然とする。“脅迫”――この結婚はダナの父親に脅された結果だなんて…!

『大富豪と望まれぬ娘』の書影

大富豪と望まれぬ娘

202

発刊: 2017.2.3 ~

既刊1巻

生まれてすぐ母親に捨てられたペネロープは、恋に生きて身を滅ぼした母と同じ轍を踏まないよう仕事に打ち込んできた。そんななか、重要な顧客の結婚式を成功させるため、世界的企業に助けを乞う。すると奇跡的にCEOラルフ・エドワーズが結婚式の花火ショーをプロデュースしてくれることになった。そうして結婚式当日、クライマックスのショーが終えると、感極まったペネロープはラルフと熱いキスを交わしたうえに、魅力的な瞳に抗えず、一夜をともにしてしまい…?

政略結婚を機に、籠の鳥は愛という鍵を手にいれる。「おまえの婿を決めた。期限までに結婚しろ!」ギリシアの大財閥を率いる養父の言葉にイオーネは愕然とした。養父は彼女の気持ちなどおかまいなく、経営手腕をみこんだ名門一族のアレクシオを婿にして事業を継がせようというのだ。アレクシオと言えば2か月前、私をメイドと勘違いした傲慢な彼! これまでも令嬢とは名ばかりで養父に道具のように扱われても耐えてきたけれど、もう我慢できない。ハネムーンがチャンスよ。そのまま彼も家も捨てて逃げ出すわ!

彼に愛されたのは偽りの私。まさか再会するなんて…余命宣告を受けたキャサリンは、せめて最期は華やかに生きようと決めた。憧れのロンドン社交界で、華やかに着飾って偽りの自分を演出し、そして…人生最初で最後の恋をした。ドミニク・デュヴァルは名家の生まれで起業家として成功し、容姿にも恵まれ、女性なら誰もが憧れる存在だった。でもキャサリンに残された命はあとわずか。彼からのプロポーズを断るしかなかった。まさかその6年後、自分は生きつづけ、予期せぬ場所で彼と再会することになるなんて思わずに…。

叶わぬ恋とわかってた。どうして私にキスしたの…?宝石会社の重役秘書のライラは、ずっとボスのニックに片想いしていた。ボスと部下との関係で何かが起きるはずもなかったのに、ある日突然のニックからの口づけで、ふたりの関係は変わっていく。最初のキスは唇をかすめただけ。でも次第に抱擁は深まって…。けれどオフィスで情熱に身をまかせたあとのニックは冷たかった。「関係はつづけたいが、結婚する気はない」と。幼い頃、父親に捨てられた過去をもつライラの心は、その冷淡な言葉と彼への想いにひき裂かれ…。

すべて表示(13)

作品レビュー

まだレビューがありません

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...