押切蓮介さんの作品の書影

押切蓮介

ファンになる

作品数:33

dddさん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

押切 蓮介(おしきり れんすけ、本名・神崎良太、1979年9月19日 - )は、日本の漫画家、同人作家、ミュージシャン。東京都世田谷区出身。東京都杉並区高円寺在住。血液型A型。祖父は直木賞作家の神崎武雄。母は山口県下関市出身で、母方の祖父は警察署長、祖母は旅館の女将。

押切蓮介の作品

一覧
『ハイスコアガール』の書影

ハイスコアガール

3.92

11149

発刊: 2012.1.6 ~

完結・全10巻

話題沸騰! 面白さ100メガショック超え!! 『ポリゴン』って何? 食えんの? そんな2D全盛期だった古き良き格ゲーブーム到来の1991年。ヤンキーとオタクとリーマンが蔓延る場末のゲーセンに、彼女は凜と座していた──。

『ハイスコアガール DASH』の書影

ハイスコアガール DASH

3.40

2378

発刊: 2021.2.4 ~

既刊2巻

『婚期』って何? 食えんの?そんな社会の荒波に揉まれてゲーセンとも縁遠くなった2007年。問題児と同僚とパワハラ校長が蔓延る母校の中学で、彼女は教壇に立っていた──。

『ハイスコアガールCONTINUE』の書影

ハイスコアガールCONTINUE

3.42

2184

発刊: 2016.6.1 ~

完結・全5巻

『ポリゴン』って何? 食えんの? そんな2D全盛期だった古き良き格ゲーブーム到来の1991年。ヤンキーとオタクとリーマンが蔓延る場末のゲーセンに、彼女は凜と座していた──。表紙描き下ろし、加筆、修正、16Pの描き下ろし特別読み切り掲載のリニューアル版! ※「ハイスコアガールCONTINUE」1巻は、「ハイスコアガール」1巻からストーリーはそのままに、表紙描き下ろし、加筆、修正、16Pの描き下ろし特別読み切りを掲載したリニューアル版です。

『狭い世界のアイデンティティー』の書影

狭い世界のアイデンティティー

3.15

2093

発刊: 2017.3.5 ~

完結・全5巻

この腐りきった漫画業界の中で、漫画家としてのし上がるには、漫画力だけは足りない…暴の力で漫画業界を邁進せよ。

『焔の眼』の書影

焔の眼

3.32

1678

発刊: 2012.1.2 ~

完結・全6巻

1945年、敗戦国、日本。異国の植民地となったこの国において、日本人は奴隷のような生活を強いられていた。死と隣り合わせの日常の中、売春宿の下女として働く少女は出会う、神をも恐れぬ戦慄の拳に……!!暗黒の日本を生き抜く屍山血河のバイオレンスファンタジー、ここに開幕!!

『ゆうやみ特攻隊』の書影

ゆうやみ特攻隊

3.47

1627

発刊: 2007.6.5 ~

完結・全13巻

姉の仇は極悪霊!?最愛の姉を目の前で悪霊に殺された翔平(しょうへい)は、復讐を誓い心霊探偵部の扉を叩いた。拝金主義の花岡(はなおか)隊長のパシリ兼霊感犬2号の栄誉あるエサ係という屈辱に耐え、ヘタレ翔平の仇討ちへの長く険しい道のりが始まる。押切蓮介、会心の肉弾ホラーギャグ!!!!!!!!

『でろでろ』の書影

でろでろ

3.39

1445

発刊: 2004.2.5 ~

完結・全16巻

ちょいとワルを気取る日野耳雄(ひの・みみお)、中学3年生。霊感体質のため、怪奇現象に出くわしやすいが、だからといって事件を解決したりはしないのだ。同じくオカルト耐性の強いクールな妹、留渦(るか)がかわいくっていろいろ世話焼きしてるけど、お兄ちゃんの愛は一方通行。とかく世間は生きにくい!?妖怪と耳雄のオモシロコワい日常生活、クセになるホラーギャグ漫画!!

すべて表示(33)

作品レビュー

一覧

4.0

2巻まで読みました

記録

ミスミソウ 完全版

レビュー(184)件

既刊2巻

3.0

2巻まで読みました

記録

サユリ

レビュー(21)件

完結・全2巻

4.6

2巻まで読みました

このレビューにはネタバレを含みます。

押切蓮介氏の代表作の一つ。
東京からとある雪国の村に転向してきた中学生「野咲春花」は、そこでクラス全体から壮絶なイジメに遭う。
家族に心配をかけまいと必死でイジメにあったことを隠し続けていたが、イジメの内容はエスカレートし続け、やがて春花は登校拒否になる。
そんなある日、春花の家が放火され、両親が焼死体となり、最愛の妹が全身黒焦げの状態でなんとか命がある状態で発見される。
自失状態の春花に、イジメっ子たちは自殺を強要するが、それをきっかけに春花の復讐が始まるというストーリーです。

掲載誌は犬木加奈子先生や御茶漬海苔先生が執筆していた『ホラーM』。
『サスペリア』や、『ハロウィン』などと並び、90年代のホラー漫画ブームの立役者だった雑誌ですね。
ホラー誌に掲載されていた通り、本作もがっつりホラー漫画で、復讐に憑かれた春花が、イジメっ子たちを次々惨殺する展開となります。
押切蓮介でホラーなので、妖怪をぶん殴って泣かせるような作品かと思いきや、本作中"妖怪"や"おばけ"は登場せず、集団の悪意、エゴの押しつけなどの人間の怖さがメインです。
ギャグテイストは皆無で、『ドヒー! おばけが僕をペンペン殴る!』をイメージしてページを捲ると絶句すると思います。
ホラー漫画が苦手な方は注意ですね。

イジメられた上、家族を焼き殺されるだけの理由はというと"特に無く"、また、それに関与したメンバーも全員が全員根っからの悪人とは限らないのがまた、救いがなく、後味が悪いです。
ラストも後味の悪さだけが残り、喪失感と悲しみが漂います。
なぜこんなことが起きてしまったのか、という思いは作中の誰もが思い、また同時に、その原因は自分なのではないかとも誰もが思うのであろうところもまた、後味の悪さに拍車をかけます。
心苦しい気持ちにさせられる作品ですが、読み手の感情を揺さぶられる傑作だと思います。

完全版が上下巻の全2巻で、それほど長い作品でもないですが、心にずっしりと残る作品です。
手に取る機会があれば、おすすめします。

ミスミソウ 完全版

レビュー(184)件

既刊2巻

4.8

10巻まで読みました

1990年代の格闘ゲームの流行によりブームとなったアーケードゲーム。
その頃の一般的な小学生たち同様、なけなしのお小遣いをゲームセンターにつぎ込んだガイル使いの少年「矢口春雄(ハルオ)」と、ザンギエフ使いの少女「大野晶」を主人公にしたラブコメ作品です。

小学生から高校生に進学し、小中と卒業式を迎えるが、ゲーセンだけは卒業できない少年が主人公で、ラブコメ作品ではありますが、主人公の脳内は魂寄せからの鬼炎斬コンボで頭がいっぱいという残念なラブコメとなっています。
ヒロインも作中、言葉らしい言葉を発さず、主人公にどういう感情を持っているのかもよくわからないまま、ファイナルファイトを涼しい顔でノーコンの上トップスコアでクリアします。
相手を喜ばそうとか、そういう好き同士であれば当然発生する感情のやり取りは無く、ただ、「ギャフンと言わせてやりたい」、「新作ゲームが出たから語り合いたい」という感情で一緒にいるようにも見えるのですが、傍目にはとても仲がよく、早くつきあってしまえばいいのにとヤキモキさせる展開となります。

登場するゲームは実在のもので、ストⅡがストⅡ'になり、ダッシュ ターボになり、レインボーなんていうよくわからないものが登場したりして、スリーはいつでるのかと話題になったりする(そしてスリーではなくZEROが出る)など、当時を知る人が読むととても懐かしいです。
ストⅡだけでなく、龍虎の拳や、サムライスピリッツ、ワールドヒーローズ、ヴァパイア、キングオブファイターズなどなど、格ゲーのみではなく源平討魔伝、魔界村、大工の源さん、パズルボブルやぷよぷよ、パロディウス、タントアールなど、ゲーム愛に溢れたキャラクターたちが登場するので、ピコピコ少年だった自分としては感涙の内容でした。
タントアールとかイチダントアールとか、当時ゲームギアでもやりまくってたなー、と。
ただ、私的にはゲーセンに行く目的は目下音ゲーだったのですが、本作では音ゲーについては取り上げられませんでした。
ハルオの趣向的にあっていないので仕方ないと思いますが、音ゲーも黎明期は色々出て(カラオケとかパラパラとか)衰退していったので、少し残念でした。

また、後半で主人公が大阪のゲーセンを見て回るシーンがあるのですが、そこに新世界のQティーが少しだけ登場したのにとても感動しました。
あと、日本橋のフェラーリが登場します。
私の知っている頃には名前はSCOTになっていましたが、フェラーリの看板だけは見覚えがあり、ここもよく行っていたなーと懐かしい気持ちになりました。
本作を読むと、ストⅡではブランカ、ヴァンパイアではガロン使いだった自分を思い出し、あの頃のアーケードゲームをまたやりたい気持ちになりますね。

気づけばゲーセン談義になってしまいますが、ラブコメ部分もすごく良いです。
押切蓮介といえば『ドヒー! おばけが僕をペンペン殴る!』とかのイメージだったので、本作を読んで驚きました。
なお、ハイスコアガールは著作権侵害により一時連載が中断されましたが、その後和解が成立しています。
その上で、加筆修正版として、最初5巻分だけ『ハイスコアガール CONTINUE』として発売されています。
ハイスコアガールの5巻までとCONTINUE 5巻は、基本的に同じ内容なので注意ですね。
続編も連載中なので、引き続き楽しみです。

ハイスコアガール

レビュー(179)件

完結・全10巻

YWさんのアイコン

YW

yw
6ヶ月前

1.5

1巻まで読みました

内輪ネタでの盛り上がりはキツい。

狭い世界のアイデンティティー

レビュー(18)件

完結・全5巻

匹七さんのアイコン

匹七

aru2kan
9ヶ月前

4.0

2巻まで読みました

まさかのGTO

ハイスコアガール DASH

レビュー(35)件

既刊2巻

すべて表示(735)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...