岡村賢二さんの作品の書影

岡村賢二

ファンになる

作品数:32

ファンになる

プロフィール

岡村 賢二(おかむら けんじ、1963年3月30日 - )は、日本の漫画家。新潟県新潟市出身。男性。1984年、『増刊少年サンデー』に『一年女帝』が掲載され、デビュー。格闘漫画や歴史漫画(「戦国武将列伝」シリーズ等)を多く描いており、激しいバイオレンス描写や、敵役を徹底的に悪人顔に描くなどの特徴がある。

岡村賢二の作品

一覧

蹴速の闘魔神 (アクションコミックス) ASIN: 4575932361 版型/Binding: コミック

『新影狩り』の書影

新影狩り

276

発刊: 2012.0.1 ~

完結・全2巻

徳川の時代も中期を過ぎ――幕府は、諸藩を取り潰してその所領・財産を没収することにより悪化の一途を辿る財政を立て直すという方針を決めた。その謀略を遂行するべく諸藩へと送り込まれた公儀隠密「影」の暗躍に対し、諸藩が採り得る唯一の防衛手段は「影」の駆逐のみ。諸藩からの依頼を受けて「影」を狩る凄腕の剣客たち――「影狩り」の壮絶な戦いが、今ここに始まる!

『ごっつあんです』の書影

ごっつあんです

263

発刊: 2016.2.6 ~

完結・全4巻

大相撲には夢がある!! 平幕が横綱を倒したら年収40万円アップ? 懸賞が50本の一番に勝てば、収入は283万? 土俵に埋まった金銀財宝を掘り起こすのは誰だ? 大相撲の「おカネ」にまつわる色々を、熱戦を通して鋭く迫る!! 衝撃の角界ドリーム物語、待望の第1巻!!

『武士のフトコロ』の書影

武士のフトコロ

227

発刊: 2017.3.5 ~

完結・全7巻

貧困にあえいだ江戸時代の侍たち!下級武士の年収は114万5千円!!! 50俵3人扶持の飛田家の次男にして二刀時中流の堀井道場・師範代である飛田蔵之丞。今はまだ何者でもない蔵之丞は、大藩へと仕官し、大金を掴むという夢を抱く!! 武士の懐事情からキビしかった暮らしの実態に迫る!剣と銭で成り上がれ!大江戸リアル時代劇堂々開幕!!リアルを知れば“江戸"がもっと身近で面白くなる!

『シャングリラ』の書影

シャングリラ

215

発刊: 2003.0.2 ~

完結・全8巻

Shangri・La-JamesHilton作の小説「LostHorizon」に登場する地上の楽園――あるいは誰も知らぬ秘密の聖地を意味する――そして「シャングリラ」を現在の支配者・白鳳から取り返すべく、一人の男・獅子吼が帰ってきた。近未来SFアクションの傑作。

すべて表示(32)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...