サンカクヘッドさんの作品の書影

サンカクヘッド

ファンになる

作品数:10

理紗さんがファンになりました
ファンになる

プロフィール

サンカクヘッド(1986年3月10日 - )は、日本の漫画家。山梨県甲府市出身。男性。血液型AB型。既婚。

サンカクヘッドの作品

一覧
『干物妹!うまるちゃん』の書影

干物妹!うまるちゃん

3.38

3350

発刊: 2013.8.4 ~

完結・全12巻

妹の“うまる"は、容姿端麗! 文武両道! 誰もが羨む完璧JK。しかし、この美妹には、秘密があった!! 一度、玄関をくぐれば… あっちにゴロゴロ。こっちにゴロゴロ。“食う・寝る・遊ぶ"の干物妹ライフ!? 内弁慶の外美人! “うまる"の生態を追ったニュータイプ兄妹コミック

『秋田妹! えびなちゃん』の書影

秋田妹! えびなちゃん

3.31

760

発刊: 2016.10.5 ~

完結・全2巻

「干物妹! うまるちゃん」の大人気キャラ・海老名菜々ちゃんが主人公!! 方言あり、グルメあり、恋愛要素までありの海老名ちゃんスピンオフ!! 「うまるちゃん」本編では、うまる達と八王子の荒矢田高校で過ごす、海老名ちゃん。高校入学をきっかけに東京にやってくる前、秋田で暮らしていた日々も描かれる!?

うまるちゃんの登場キャラ、えびなちゃんを主役に据えたスピンオフ作品。 えびなちゃんの上京から、学校にまだ慣れる前の日々、地元友達両親とのあれやこれやを描いたものになっています。 上京直前の日々が描かれていますが、郷愁の念に駆られているのは序盤だけで、基本的には友人か母親が一緒にいます。 うまるちゃんや本作以外のスピンオフ同様、基本一話完結、ストーリー性に乏しい展開となっており、全2巻と短く、のほほんと読めます。 特徴として、本編でも片想いをしている描写はありましたが、本作ではえびなちゃんがタイへーに恋をしていることが明確になっていて、その恋の行方が描かれています。 ただ、その想いは本作でも一方的で、タイへーの気持ちが描かれていないため何となくくっつきそうにないと思ったのですが、ラストシーンは結局どうなったのかは読み手に任せるような描き方になっています。 なお、うまるちゃんやきりえちゃん、シルフィンちゃんはほとんど出てきません。 うまるちゃんは読んでいなくても本作からでも楽しめそうですが、えびなちゃんのキャラクター説明、ポジションの理解という意味で本編読了後の方が楽しめると思います。 うまるちゃんを読んで楽しめたら、本作もおすすめです。

by うにたべたい (343)
『メイド・イン・ひっこみゅ~ず』の書影

メイド・イン・ひっこみゅ~ず

3.00

655

発刊: 2019.4.5 ~

完結・全7巻

キョドる、強がる、引きこもる…ひっこみじあんのカラフルな生態 東京都・八王子市に住む「ひっこみじあん」な女の子・アケビが天才臨床心理学教授のお姉ちゃんに誘われて働くことになったのは、ひっこみじあんだらけのメイド喫茶「ミッシリ―」…6人6色のひっこみじあんが化学反応を起こす人見知りガールズバラエティ、開店(はまだしていない)……!!

アニメ化され大ヒットを記録した「学園黙示録HIGHSCHOOLOFTHEDEAD」の公式スピンオフコミックです。アニメファンとドラゴンエイジ読者から熱狂的な支持を得た本作を、本編と合わせてお楽しみください!!

『干物妹!うまるちゃんG』の書影

干物妹!うまるちゃんG

3.21

389

発刊: 2018.5.2 ~

既刊1巻

容姿端麗! 文武両道! 誰もが羨む美妹(びもうと)には、ある秘密があった…。新解釈・兄妹コメディ。一度終わったかと思いきや…うまるが早くも帰還!? 「G」がついて、ますますパワーアップな干物妹(ひもうと)ライフ♪ あの子やあの人の意外な一面も見れちゃう!? 変化もあるけど、普遍なおもしろさ満載な兄妹コメディをお楽しみあれ!

『ぽんてら』の書影

ぽんてら

3.00

303

発刊: 2008.8.3 ~

完結・全4巻

暑さ沸騰、夏本番。ミサキとハルカの出会いは、むやみやたらと波乱万丈な日々の幕開けだった!! のーみそ脱力系スクールライフ!

『ひもうと!うまるちゃんS』の書影

ひもうと!うまるちゃんS

3.23

297

発刊: 2015.7.3 ~

既刊1巻

『干物妹!うまるちゃん』を作者サンカクヘッド自分番外編(セルフスピンオフ)!!? ファンタジー! 時代劇? RPG!? エトセトラ… 此処はパラレル! ナンでもアリ! 自由気ままな妹S(シスターズ)。 “うまるちゃんS”ここに見参ッ!!

うまるちゃんのスピンオフ作品。 Gと違い無印の続編ではなく、うまるちゃん、きりえちゃん、えびなちゃん、シルフィンちゃんの4人を主人公にしたショートストーリー集のようなものになっています。 ファンタジー色の低い本編と異なり、ゲームの世界に入る、4人の人格が入れ替わる、タイムスリップをするなど、現実ではありえない展開が特徴です。 キャラは全員ちびキャラで、1話あたりのページ数も少なく、ファン向けのスペシャルサンクス的な内容と思います。 ファンタジー色が強いですが、本編の雰囲気は崩れてないです。 女の子、それも妹キャラが4人も固まってキャイキャイ言っている作品なのにエロ要素は無く、どうせファンタジーなら服を着ない世界とか、全員ガチレズの世界とかやってくれれば嬉しいのにと思いました。 やると別の作品になっちゃうのでしょうけども。 ストーリー的なものは無く、基本的に一話完結で最後まで続いて終わる展開となります。 うまるちゃんの美妹設定はほぼ無くなっており、兄たちもほぼ出てこないです。 私的には本編の方が好きかなーと思います。 うまるちゃんというより、マスコットキャラたちの短編漫画集に近い内容でした。

by うにたべたい (343)
『干物妹!うまるちゃんF』の書影

干物妹!うまるちゃんF

3.17

288

発刊: 2015.8.5 ~

完結・全1巻

「干物妹! うまるちゃん」公式ファンブックが完成だよっー!! ここで初めて明かされるキャラクター情報満載!! 眺めて楽しいカラーイラストから、“うまる”以前の伝説の読切まで多数収録!! 読めば“うまる”の世界が、もっともっと大好きになるよっ。

『厨二くんを誰か止めて!』の書影

厨二くんを誰か止めて!

236

発刊: 2012.5.4 ~

完結・全2巻

この物語は異能に魂を奪われた少年が、存在しない悪の組織や闇の怪人たちと日夜壮絶な闘いを繰り広げる、愛と正義の物語である。究極覇剣エターナル・エクスカリバー!!

『荒くれネバーランド』の書影

荒くれネバーランド

225

発刊: 2011.1.4 ~

完結・全2巻

長き出版不況が叫ばれる現代、遂に一人のマンガ家が立ち上がった。彼の名はそう、“荒くれネバーランド”。そして彼の信念に賛同し、行動を共にするのはマンガ界の最後の希望“米俵しゃもじ”。しかし、彼らの行く手は締め切りや打ち切り、人気アンケート、編集者の横暴、寝不足、過労、腰痛など…様々な困難が待ち受けていたのだった…!この物語は、そんなマンガ業界の闇に敢然と立ち向かった二人の、愛と真実の物語である。…なんてことはない、変態マンガ家の荒くれた日常を描くたいした衝撃でも問題作でもない、マンガ家マンガ、はじまりはじまり~!!

作品レビュー

一覧

3.0

2巻まで読みました

うまるちゃんの登場キャラ、えびなちゃんを主役に据えたスピンオフ作品。
えびなちゃんの上京から、学校にまだ慣れる前の日々、地元友達両親とのあれやこれやを描いたものになっています。
上京直前の日々が描かれていますが、郷愁の念に駆られているのは序盤だけで、基本的には友人か母親が一緒にいます。
うまるちゃんや本作以外のスピンオフ同様、基本一話完結、ストーリー性に乏しい展開となっており、全2巻と短く、のほほんと読めます。

特徴として、本編でも片想いをしている描写はありましたが、本作ではえびなちゃんがタイへーに恋をしていることが明確になっていて、その恋の行方が描かれています。
ただ、その想いは本作でも一方的で、タイへーの気持ちが描かれていないため何となくくっつきそうにないと思ったのですが、ラストシーンは結局どうなったのかは読み手に任せるような描き方になっています。
なお、うまるちゃんやきりえちゃん、シルフィンちゃんはほとんど出てきません。
うまるちゃんは読んでいなくても本作からでも楽しめそうですが、えびなちゃんのキャラクター説明、ポジションの理解という意味で本編読了後の方が楽しめると思います。
うまるちゃんを読んで楽しめたら、本作もおすすめです。

秋田妹! えびなちゃん

レビュー(6)件

完結・全2巻

2.9

1巻まで読みました

うまるちゃんのスピンオフ作品。
Gと違い無印の続編ではなく、うまるちゃん、きりえちゃん、えびなちゃん、シルフィンちゃんの4人を主人公にしたショートストーリー集のようなものになっています。
ファンタジー色の低い本編と異なり、ゲームの世界に入る、4人の人格が入れ替わる、タイムスリップをするなど、現実ではありえない展開が特徴です。
キャラは全員ちびキャラで、1話あたりのページ数も少なく、ファン向けのスペシャルサンクス的な内容と思います。

ファンタジー色が強いですが、本編の雰囲気は崩れてないです。
女の子、それも妹キャラが4人も固まってキャイキャイ言っている作品なのにエロ要素は無く、どうせファンタジーなら服を着ない世界とか、全員ガチレズの世界とかやってくれれば嬉しいのにと思いました。
やると別の作品になっちゃうのでしょうけども。

ストーリー的なものは無く、基本的に一話完結で最後まで続いて終わる展開となります。
うまるちゃんの美妹設定はほぼ無くなっており、兄たちもほぼ出てこないです。
私的には本編の方が好きかなーと思います。
うまるちゃんというより、マスコットキャラたちの短編漫画集に近い内容でした。

ひもうと!うまるちゃんS

レビュー(4)件

既刊1巻

2.9

1巻まで読みました

うまるちゃんの続編マンガ。
最終回を迎えたうまるちゃん(以下、無印)のそのまま続きで雑誌掲載されていて、タイトルだけ変えた同一作品と見て良いと思います。
新展開があるわけでもなく、そのままのキャラクター、そのままのノリで1冊分最終回が伸びただけとなっています。
本作をもってうまるちゃんは最終回、となるはずなのですが、スピンオフが何冊か描かれていて、うまるちゃんの物語はもう少し続きそうです。

無印の最終回時点でのキャラクターがそのまま登場するので、先に無印の方を読んでおく必要があります。
私は無印の方を読んだのが結構前のため、設定等を忘れかけていました。A・K・Tなんていたっけ?
思えば、うまるちゃんって結構複雑な設定なんですよね。
相手によってキャラクターを変えたり、顔が全然違うキャラ同士が兄妹だったり、思い出しながら読んでましたが、無印と間をあまり開けずに読むのを推奨します。

変わらずストーリー的なものは無く、エロいとか笑えるとかそういうのはなく、ただ、うまるちゃんと周囲の人々の日常を綴った物語となってます。
無印を読んだならその流れで本作を手に取ってもいいと思います。

干物妹!うまるちゃんG

レビュー(5)件

既刊1巻

2.9

眉目秀麗で頭脳明晰、スポーツも万能で完璧な女子高生「土間 埋」。
だが彼女は、帰宅するや否や美妹(びもうと)の殻を脱ぎ捨てて片手にコーラ、片手にポテイトを携え、二頭身のぐーたら娘に変身し兄に迷惑をかけまくるという、隠された姿があった。
そんな、外では完璧、家では干物妹(ひもうと)な「うまるちゃん」とその兄「タイヘイ」を主人公にした一話完結型のギャグ漫画です。

基本的にあまり突飛なことは起こらず、うまるちゃんやタイヘイの友人との日常を描いた作品となっています。
12巻に渡る連載で登場するキャラクター数は増えますがストーリーのようなものも特に無く、毎話グータラの妹と世話焼きの兄、その友人の日々をただ綴ったものになっています。
特段笑えるとか、先が気になるような内容ではなく、恋愛要素はあるにはありますがそれがストーリーに深く関わるわけでもありません、表になることもなくなぁなぁで終わります。
巻数が途中抜けてても支障ないレベルでストーリー的なものは無く、面白いかというと正直それほどでもないです。
本作は適当なところまで読んで適当なところで切り上げることができるジャンクフードのようなマンガだと思います。
全12巻とそれほど長くないのですが、何も起こらなすぎで一気読みするのは辛いものがあるため、本作中のうまるちゃんのように、ポテトとコーラをお供に横になって、たまにページを開いて適当なところでやめるのが正しい読み方かと思いました。
そういう楽しみ方をする場合、絶好の作品だと思いますが、とにかくストーリーが単調すぎるので一気読みには向かないです。
そこは同じ味のポテトチップスをひたすら食べ続けるようなもので、最初のほうは美味しく感じますが、だんだん辛くなっていくわけです。
適当なところで刺激のあるコーラを挟めば美味しく食べることができると思います。

この手の漫画にはありがちなことですが、うまるちゃんやタイヘイの交友関係は限られていて、特定の友人との付き合いが描かれており、そのメンバーは非常に個性的です。
スタイルが良い秋田娘や人見知りが激しいために誤解されやすいコ、うまるのライバルポジションから友人になった世間知らずのドイツ人ハーフなどなど、とはいえ人外だったり死人だったり、気が狂っていたりガチでヤバい生命体が出てくるわけではなく、常識的な範囲で一長一短ある友人との日々が描かれています。
そんな中、食う・寝る・遊ぶの三連コンボを日々繰り返しながら自由気ままに振る舞ううまるちゃんの生活を眺め、こちらも頭を空っぽにできるそういう作品だと思いました。

干物妹!うまるちゃん

レビュー(47)件

完結・全12巻

0.0

11巻まで読みました

わからない

干物妹!うまるちゃん

レビュー(47)件

完結・全12巻

mikaさんのアイコン

mika

mika
1年前

3.0

10巻まで読みました

もってる

干物妹!うまるちゃん

レビュー(47)件

完結・全12巻

3.7

12巻まで読みました

ほんわかふやふわ妹コメディ

干物妹!うまるちゃん

レビュー(47)件

完結・全12巻

2.5

4巻まで読みました

ぽんてら

レビュー(1)件

完結・全4巻

Akさんのアイコン

Ak

maricomail
2週間前

3.0

7巻まで読みました

メイド・イン・ひっこみゅ~ず

レビュー(2)件

完結・全7巻

すべて表示(59)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...