花輪和一さんの作品の書影

花輪和一

ファンになる

作品数:27

max0831さん、他1人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

花輪 和一(はなわ かずいち、1947年4月17日 - )は日本の漫画家。北海道在住。1970年からイラストレーターとして活躍し、『月刊漫画ガロ』1971年7月号掲載の『かんのむし』で漫画家としてデビュー。伊藤彦造ら大正モダニズムの影響の濃い画風が特徴。初期にはエログロナンセンス的作風で猟奇的な物語を、活動中期以降は主に平安〜室町時代の日本を舞台にした怪奇かつファンタジー色が強く宗教的救済をテーマとした物語を、緻密で濃厚なタッチで描いている。ベースとなるテーマが人間の「業」である作品が多い。

花輪和一の作品

一覧
『風水ペット』の書影

風水ペット

3.08

303

発刊: 2018.5.5 ~

既刊2巻

風水+ペット+経済展望=花輪流投資術!?可愛い動物たちには、秘められた能力が……!?中華の歴史脈打つ「風水」を利用し、ニッポン経済はもちろん世界市場を迎え撃つのは、とある田舎の一軒家。風水の力を最大限に利用出来るという「龍穴」を源に、世界経済を読み解き、来たるべき世界恐慌に「お金」で対抗する!?驚天動地の花輪和一ワールド、新機軸へ!!

『刑務所の前』の書影

刑務所の前

254

発刊: ~

完結・全3巻

刑務所の前 (第1集)

『護法童子』の書影

護法童子

211

発刊: ~

完結・全1巻

童ふたりの正体は、合体するととんでもない神通力を持つ護法童子。餓鬼にとりつかれた娘、父妹にいびり倒される娘etc…苦しみ惑う信仰心豊かな人々を、護法童子が救済する! 仏教的道徳観で緻密かつユーモラスに描かれた傑作!

『刑務所の中』の書影

刑務所の中

186

発刊: ~

既刊1巻

   刑務所の中って一体どうなっているのだろう。 <br>   独房の構造は、クサい飯とは、実際どんなものなのか。トイレはどうしているのか。看守は? 囚人同士の関係は? <p>   現役漫画家である著者が、記憶をたよりに細密な絵で描く『刑務所の中』は、そんな単なるヤジ馬的好奇心を満たしてくれるばかりではなく、狭い閉ざされた空間でヒトはいったい何を思い、どんなことに楽しみを見出して過ごそうとするものなのか(「マーガリンつきのパン食」のエピソードは必見)、しみじみと教えてくれる秀作である。 <p>   巻頭にはマンガ評論家の阿部幸弘らとの対談を収録。著者が3年の懲役を受けるに至った経緯が、自戒の念を込めて語られている。あとがきでは呉智英が著者の才能が潰れることがないようにと念じながら獄中の著者と手紙のやり取りをしていたエピソードを披露している。 <p>   獄中の著者が「一日が過ぎるのがものすごく早い」と独白しているが、四六時中監視されながら複数の人間が閉じ込められている「緊迫」と、生活のすべてが看守の号令のもと受身に過ぎていく「弛緩」に、読んでいるほうもあっという間に引きずりこまれて、しばらく抜け出せなくなるのでご用心あれ。(福山紫乃)

『水精』の書影

水精

179

発刊: 2006.5.1 ~

既刊2巻

『刑務所の中』の書影

刑務所の中

164

発刊: ~

既刊1巻

   刑務所の中って一体どうなっているのだろう。 <br>   独房の構造は、クサい飯とは、実際どんなものなのか。トイレはどうしているのか。看守は? 囚人同士の関係は? <p>   現役漫画家である著者が、記憶をたよりに細密な絵で描く『刑務所の中』は、そんな単なるヤジ馬的好奇心を満たしてくれるばかりではなく、狭い閉ざされた空間でヒトはいったい何を思い、どんなことに楽しみを見出して過ごそうとするものなのか(「マーガリンつきのパン食」のエピソードは必見)、しみじみと教えてくれる秀作である。 <p>   巻頭にはマンガ評論家の阿部幸弘らとの対談を収録。著者が3年の懲役を受けるに至った経緯が、自戒の念を込めて語られている。あとがきでは呉智英が著者の才能が潰れることがないようにと念じながら獄中の著者と手紙のやり取りをしていたエピソードを披露している。 <p>   獄中の著者が「一日が過ぎるのがものすごく早い」と独白しているが、四六時中監視されながら複数の人間が閉じ込められている「緊迫」と、生活のすべてが看守の号令のもと受身に過ぎていく「弛緩」に、読んでいるほうもあっという間に引きずりこまれて、しばらく抜け出せなくなるのでご用心あれ。(福山紫乃)

すべて表示(27)

作品レビュー

一覧

3.0

1巻まで読みました

天水 完全版

レビュー(1)件

既刊1巻

4.5

2巻まで読みました

朱雀門

レビュー(1)件

既刊2巻

4.0

2巻まで読みました

風水ペット

レビュー(1)件

既刊2巻

5.0

1巻まで読みました

御伽草子

レビュー(1)件

既刊1巻

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...