高屋奈月

ぴ、めい、他3人がファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

高屋 奈月(たかや なつき、1973年7月7日 - )は、日本の漫画家。東京都出身。血液型はA型。1992年、『花とゆめプラネット増刊』(白泉社)に掲載の「Born Free」でデビュー。以来、主に白泉社の『花とゆめ』『別冊花とゆめ』で活動。2001年、「フルーツバスケット」で第25回講談社漫画賞少女部門を受賞。代表作は「フルーツバスケット」。

13

並び替え:

フルバの登場人物の子供たちが登場するのが嬉しい!でも、透たち、親の顔は出てきません……それが高屋先生のこだわりなのかしら?それ故、この子誰の子どもだっけ?と混乱することがあります。。そして、子どもということはわかるのですが誰がパートナーなの?と思う子も数人。ちょっとしたカオスです。ただ、フルバの流れを受け継ぎ、メッセージ性の強いストーリーです。フルバを読まないと楽しめないと思うのでぜひ読んでから読んでほしい!by かるすとん (15)

1巻無料

フルーツバスケット

4.05

6640

138

発刊:1999.01.01

完結・全23巻

悲しさも苦しさも怒りも妬みも憎しみも。人間の感情はきれいなものだけではなくて、いろんな負の感情があるけれど、それを優しく包み込んでくれるような感覚になる。人によっては綺麗事に見えるかもしれないけれど、色々な苦しさの中にこそ、その人の生きている理由があって。負の感情に飲み込まれそうで息苦しい時に、少しでも許されたい時に読んでほしいお話。by naka (8)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +