ツジトモさんの作品の書影

ツジトモ

ファンになる

作品数:3

よしのぶさん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

ツジトモ(1977年7月13日 - )は、日本の男性漫画家、イラストレーター。本名は辻田 智人(つじた ともひと)。北海道出身、東京都育ち。

ツジトモの作品

一覧

達海猛35歳、職業サッカー監督。今季より弱小プロサッカークラブ『ETU イースト・ トウキョウ・ユナイテッド』の監督に就任する。現役時代も監督になってからも、好物は「番狂わせの大物喰い=ジャイアント・キリング」!

フットボール漫画の金字塔 『GIANT KILLING(ジャイキリ)』 初の公式コミックガイド!! 週刊『モーニング』にて2007年から連載されている人気フットボールマンガ『GIANT KILLING(ジャイアントキリング)』。本書は、“ジャイキリ”の魅力のひとつであるリアルな世界観をサッカー専門誌『フットボールダイジェスト』(『ジャイキリ』で登場する架空のサッカー雑誌)のETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)特集号として刊行。リーグ戦で数々の番狂わせを起こし、チームの快進撃を支える達海猛監督やETU選手たちの特集記事をはじめ、これまでの全30試合のマッチリポートを掲載。そのほか、ライバルチームの監督・選手情報なども網羅し、リーグ終盤を迎え、優勝を目指すETUのこれまでの熱い戦いを徹底解説。最新刊57巻までの情報を余すところなく、さらに、貴重なカラーイラストも多数掲載。ジャイキリのリアルな世界観をサッカー雑誌として取り上げていく、今までにないコミックガイド!

リーグ戦は最終盤! 勝てば優勝の首位・鹿島に、アウエーで挑むETU! 開始早々、仕掛けるのは鹿島?それともETU!? 目の前でシャーレは絶対に掲げさせないーー逆転優勝へ、ETU史上最大の一戦が始まる!

作品レビュー

一覧
しうさんのアイコン

しう

ANB16950
8ヶ月前

4.3

59巻まで読みました

このレビューにはネタバレを含みます。

本作品は主人公が苦難を乗り越え成長しプロサッカー選手を目指しながら必殺技的な技術も習得していく、という数多あるサッカー漫画とは少々異なります。
主人公、というよりは中心人物として描かれているの達海猛という元選手、現監督です。監督やプロチームのフロントなどからの視点も多いため、実際のJリーグにおけるチーム活動や運営の難しさ、リーグにおける力関係などプロサッカー界の私達が知らない裏側、現実にも触れることができる作品です。
また、選手たちについてもサッカースキル面以上に人物としての描写が巧みなため、それぞれの成長や挫折、人間関係などひとりひとりに起きる出来事に一喜一憂してしまうほど入り込んでしまう漫画です。準主役とでもいうべき椿選手の成長にはまるで我が子のように感情移入してしまいました。

そして見逃さないで欲しいのがページ間に時々出てくる1コマ漫画です。些細な1コマなのですがこの1コマがもたらすクスッとした笑いや、えっ?という驚きが実は本作品の真骨頂なのではないかとすら思っています。

プロサッカー選手を目指す子供や若者はもちろんですが、一番読んでもらいたいのはW杯や代表戦は観るというライトファン層です。ライトファンからより一歩サッカーが好きになること間違いないと思います。

GIANT KILLING ジャイアントキリング

レビュー(581)件

既刊62巻

3.6

50巻まで読みました

途中まで。

GIANT KILLING ジャイアントキリング

レビュー(581)件

既刊62巻

3.9

61巻まで読みました

アツい

GIANT KILLING ジャイアントキリング

レビュー(581)件

既刊62巻

4.0

61巻まで読みました

ダレてはきている。

GIANT KILLING ジャイアントキリング

レビュー(581)件

既刊62巻

himymさんのアイコン

himym

himym
1年前

4.0

60巻まで読みました

面白いけど、、
テンポ悪い。。

GIANT KILLING ジャイアントキリング

レビュー(581)件

既刊62巻

3.0

60巻まで読みました

55〜ない

GIANT KILLING ジャイアントキリング

レビュー(581)件

既刊62巻

すべて表示(581)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...