吉河美希さんの作品の書影

吉河美希

ファンになる

作品数:5

よしのぶさん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

吉河 美希(よしかわ みき、1982年10月2日 - )は、日本の漫画家。女性。A型。

吉河美希の作品

一覧
『カッコウの許嫁』の書影

カッコウの許嫁

3.60

13250

発刊: 2020.05.15 ~

既刊26巻

赤ちゃんの頃に取り違えられ、今は名門私立に通う高校 2年の海野凪。ある日、これから許嫁に会いにいくという超お嬢様女子高生・天野エリカと偶然出会い、彼氏のフリをしてくれと半ば強引に頼まれてしまう。だが、その時の二人は知る由もなかった。エリカは凪と取り違えられた子どもで、凪はエリカの許嫁相手だということを……。「取り違え子」から始まる人生交錯ラブコメ開幕!超お嬢様JK・天野エリカと定食屋の息子・海野凪。実はこの二人、なんと赤ちゃんの頃に取り違えられた子ども同士。しかも、実の子も育ての子も可愛い両親×2により、なんと許嫁関係&同居生活を送るハメになってしまう! 運命の悪戯に翻弄される二人の日常、その行方は──!?

『山田くんと7人の魔女』の書影

山田くんと7人の魔女

3.60

7343

発刊: 2012.06.15 ~

完結・全28巻

キスで体が入れ替わる!!『ヤンメガ』の吉河美希が描く、新感覚スクールラブコメディ!!――朱雀(すざく)高校一の問題児・山田(やまだ)は今日も先生に怒られて超不機嫌。そのうえ、優等生の白石(しらいし)うららと一緒に階段から落っこちて、死んだ!と思ったら白石と体が入れ替わっていた!?相性サイアクな2人が、学校中を駆け回る!!すべてはキスからはじまった――!!

『ヤンキー君とメガネちゃん』の書影

ヤンキー君とメガネちゃん

3.43

5686

発刊: 2007.02.16 ~

完結・全23巻

学校一のワル、品川大地にある日、声をかけて来たのは三つ編みおさげでメガネをかけた学級委員長の足立花! 一見真面目に見える花だが、実は超強烈な天然ボケの女の子だった。そのボケっぷりにワルなはずの品川がすっかりタジタジ。しかも、花にはさらにビックリの秘密があった!!

『柊さんちの吸血事情』の書影

柊さんちの吸血事情

3.32

-35

発刊: 2022.05.17 ~

既刊4巻

オレ以外“家族全員”吸血鬼!? 絶体絶命ホームラブコメ開幕!! 児童養護施設で暮らす中学生・源翔太。ある日、翔太の受け入れ先に決まったのは豪華な和風家屋に住む、幸せそうな家族。夜、翔太は何者かに襲われ、血を吸われた! まさかこの家族、全員“吸血鬼”!? 翔太が呼ばれたのは、家族として? それとも餌として――? この家族には血生臭い“秘密”がある――。児童養護施設で暮らす中学生・源翔太。ある日、翔太の受け入れ先に決まったのは豪華な和風家屋に住む、幸せそうな家族。夜、翔太は何者かに襲われ、血を吸われた! まさかこの家族、全員“吸血鬼”!? 翔太が呼ばれたのは、家族として? それとも餌として? アットホーム“血縁”ラブコメ開幕!!

作品レビュー

一覧

4.2

28巻まで読みました

最後衝撃

山田くんと7人の魔女

レビュー(227)件

完結・全28巻

3.0

3巻まで読みました

まぁまぁ面白い。

柊さんちの吸血事情

レビュー(24)件

既刊4巻

4.0

28巻まで読みました

朱雀高校2年B組の山田竜は学年一の不良で、皆、彼を恐れ避けています。
だが、ある日、学年でトップ成績の優等生「白石 うらら」と、ひょんなことから一緒に階段を転げ落ち、目覚めたとき二人の身体が入れ替わっていることに気づきます。
『おれがあいつであいつがおれで』なお約束展開から元に戻るため、早速同じように二人で階段を転げ落ちますが身体は元に戻らない。
仕方ないとひょんな事で手に入れた女体を堪能しようとか、そういうゲスな考えは起こさず、普通に参ってしまった山田くんですが、そんな山田くんに白石は、「最初に転げ落ちたときに口と口が触れた」ことを言及します。

入れ替わりの原因はこれで、山田くんと白石さんが口づけをした時、心が入れ替わってしまうということがわかります。
また、彼女、白石さんを始め、この学園には特殊な能力を持つ7人の魔女が存在することが判明する、というストーリーです。
以降、魔女の能力を使ったトラブルや、昔から実は魔女と関わり続けていた生徒会の存在、そして、魔女の能力の活用ができる"山田くん"というジョーカー的存在などが絡み合うドラマが展開されます。

魔女たちは皆個性的で、サブキャラクタも含めて美少女が多く、作品の設定上キスシーンが多数あります。
ただ、前述の通り山田くんは、モテモテなくせにおいしいポジションを活用できないへにゃぽこ野郎なので、エロ展開はほぼないです。
キス止まりでそこからの進展はなく、キスも事務的なので、キスである必要があるのかという気になってきます。
とはいえ、あれだけ多種多様な女子と接吻に成功するとか、一度もそんなチャンス無かったという諸氏も多い中でファンタジー濃いめなところを感じました。
今どきの女子高生ってそんな簡単にキスさせてくれるものなのだろうか、と間に受けるとポリスメンに連れて行かれるので注意が必要ですね。

設定はアレですが、テンポよく読みやすいです。
ただし、能力モノのお約束というべきか、後半は能力の内容が難解になっていきます。
最初の"7人の魔女"までは名作と言えますが、その後も魔女設定の生徒が増え、魔女能力のコピーや切り取り、記憶操作の影響を受けないなど特殊な存在が現れ始めます。
タイムリープや過去に起きた出来事の解決に奔走する場面が挟まり、最終的に収拾はついたのですが、未解決の伏線もあったように思います。
途中から話を追うのが難しくなっていったのも残念に思いました。
ただ、最初の7人の魔女まではとても良かった。
アニメ化してますが、そこまででもう一度2クールでアニメ化して欲しいですね。

山田くんと7人の魔女

レビュー(227)件

完結・全28巻

3.5

ギャグが面白い!最後まで読めてないので読んでおきたい

ヤンキー君とメガネちゃん

レビュー(146)件

完結・全23巻

すべて表示(752)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...