作品数:9

ファンになる

清水茜の作品

一覧
『はたらく細胞』の書影

はたらく細胞

3.55

8934

発刊: 2015.6.4 ~

完結・全6巻

人間1人あたりの細胞の数、およそ60兆個! そこには細胞の数だけ仕事(ドラマ)がある! ウイルスや細菌が体内に侵入した時、アレルギー反応が起こった時、ケガをした時などなど、白血球と赤血球を中心とした体内細胞の人知れぬ活躍を描いた「細胞擬人化漫画」の話題作、ついに登場!!

毎日せっせと体中に酸素を運ぶ、新米赤血球。しかし彼の職場(世界)の労働環境は、徹底的にブラック――!! 飲酒、喫煙、ストレス、睡眠不足……不健康の総合商社のような世界で、過重労働の末に細胞たちは何を思うのか? これは、あなたの体の物語――。

『はたらく細菌』の書影

はたらく細菌

3.36

1926

発刊: 2018.1.5 ~

既刊7巻

累計130万部突破! 『はたらく細胞』初の公式スピンオフ!主人公は、誰しもの体内にいる“細菌”!おなら、便秘、サラサラヘアー、虫歯…。そのすべてに、良い菌&悪い菌&空気よむ菌…あなたの体内でがんばっている細菌たちの、健気で真面目な“はたらき”があった!美容と健康に役立つ知識ももりだくさん!話題騒然の“細菌”擬人化漫画!

『はたらかない細胞』の書影

はたらかない細胞

3.18

1122

発刊: 2018.6.1 ~

既刊4巻

「赤芽球」それは「マクロファージ」に育成され、立派な働きをみせる「赤血球」となるために存在する細胞。だがここでは、理由をつけては働きに出てくれないモラトリアム全開の「赤芽球」が存在するのだった。

『はたらく細胞BABY』の書影

はたらく細胞BABY

3.00

507

発刊: 2020.0.4 ~

既刊3巻

ママのおなかにいる時から、赤ちゃんの体内では細胞たちが働いている!! 「酸素ってどこに運べばいいの!?」「胃にいきなり入ってきた白い液体、これなに!?」「バイキンたちがくる!逃げなきゃー!!」みんな、生まれて初めての仕事。右も左もわからない。それでも体を守るため、一生懸命、働いている!! 赤ちゃんの寝返り一つにも、裏には細胞たちの頑張りがある! 忙しいママとパパ、そしてかつてBABYだったすべての人に捧ぐ、乳児体内擬人化漫画!

体の傷も 心の傷みも 血小板(わたしたち)が治します! 37兆個の細胞がはたらく人間の身体の中でも、とりわけの人気者。この小さな女の子たち血小板ちゃんは、こう見えて止血のプロフェッショナルなのです! そんな彼女たちの日常や仕事ぶりを、ホッコリかわいくお届けします!

シリーズ累計発行部数350万部の体内細胞擬人化マンガ『はたらく細胞』(著・清水茜)。細胞たちが大活躍するこのマンガが好きな児童向けに、細胞・呼吸・血管・消化などの基礎的な人体の仕組みが学べる、楽しい理科の教本がついに登場! 生物がニガテな小学校高学年〜中学2年生にオススメ。カラー図版を多用したわかりやすい内容なので、ヒトのカラダを理解するための入門書としてもピッタリ。中学2年生理科(生物分野)の学習指導要領にも一部対応! 本編後半には、細胞や細菌・ウイルスなどのリアルなカラー図鑑も収録。

『はたらく細胞WHITE』の書影

はたらく細胞WHITE

3.00

216

発刊: 2021.1.2 ~

既刊1巻

白血球(好中球)さんたちのもとに、後輩がやってきた!?免疫細胞としてはまだまだ半人前の桿状核球くんの指導係となったのは、本編でもおなじみ1146さん&ズッ友な同僚たち。個性豊かな彼らの波乱万丈な日々を描く「はたらく細胞」新スピンオフ、開幕!

作品レビュー

一覧

1.0

1巻まで読みました

断念

はたらく細胞

レビュー(114)件

完結・全6巻

すべて表示(149)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...