漫画一覧

『銀幕に愛をこめて』の書影

銀幕に愛をこめて

263

発刊: 2014.06.05 ~

完結・全1巻

アレックスは高校教師をしながらひとりで子供を育てていた。となりの家には敏腕弁護士のノーランが住んでいる。妻と死別し息子とふたり暮らしをしている彼との関係は親友と言ってもいいくらいで、同じ年頃の子供たちは仲がよく、行き来もさかんに行われている。平凡だけどおだやかな生活…そう思っていたけれど、ノーランのひと言で状況は大きく変わった。「君はとてもきれいだ」その言葉を皮切りに、ふたりの間にはなんとも言えない空気が漂って…。

『結婚の過ち』の書影

結婚の過ち

263

発刊: 2018.02.01 ~

既刊1巻

再び呼び起こされたあなたへの愛、それは過ちなの? 「彼女に結婚式を台なしにされてたまるものか」マルコの声がサロンの高い天井に響いた。ミラノで有名デザイナーとして名を馳せ、公爵家令嬢との結婚を2か月半後に控えている。ところが別れた妻ペイトンが、突然サンフランシスコからやってきたのだ。ペイトンの目的は、娘たちをマルコに託すこと――二度と戻らないと誓ったミラノを再び訪れなければならなかった彼女の事情…それは、亡き母と同じ不治の病に侵されているという残酷な宣告を受けたからであった――。

『アヴィニヨンの再会』の書影

アヴィニヨンの再会

259

発刊: 2018.02.01 ~

既刊1巻

一夜だけの情事のはずが、甘く危険な恋の始まりに… ニュージーランドからパリ観光にやってきたヴェロニカは、着いてすぐに高熱でダウン…。唯一の楽しみは、部屋から見える店にいる魅力的な“彼”を眺めること――パリでの最終日、回復したヴェロニカは思いきって彼のいる店に行くと、ひょんなことからその彼とふたりでパリを観光することに! 言葉はあまり通じないが、彼との夢のような楽しい一夜を過ごしたヴェロニカ。翌日、異国での一夜限りの思い出と彼の前から去ったが、向かったアヴィニヨンの駅に彼がいて!?

『偽りのプリンセス』の書影

偽りのプリンセス

245

発刊: 2008.12.25 ~

完結・全1巻

大学院生のシャノンのアルバイト先に、突然アロビティア国の女官と伯爵が訪ねてきた。シャノンがイリアナ王女にそっくりなので替え玉役になってほしい、というのだ。多額の報酬と冒険心から行方不明の王女役をひき受けたシャノンだが、ほどなく舞踏会という試練が…。ナボタビアの皇太子マルコが結婚を前提にして会いにきたのだ。正体がばれたら大変。身の縮む思いのシャノンに向かって、マルコは「君が異性関係にだらしないという噂は本当か」と問いただしたのだ!?

シェルビーは叔母とともに訪れたハワイで、とてもハンサムで優秀な男性ピートを紹介された。彼は誰が見ても確かに魅力的。しかしシェルビーは、過去にあった悲しい出来事のせいでいまだに男性に心を許すことはできないのだ。だが、そんなシェルビーの心の内を見透かしたように、ピートは土足で心に踏み込んできた!彼にはもう2度と会いたくない。深く傷つくシェルビーだったが、再び目の前に現れた彼の思わぬやさしさに激しく心を揺さぶられて……!?

Loading ...