江戸川乱歩傑作集 孤島の鬼

145

完結・全1巻

発刊:2016.09.05

あらすじ・ストーリー紹介
江戸川乱歩の名作長編『孤島の鬼』をコミカライズ! 多くの乱歩作品の作画を手掛けた人気漫画家・長田ノオトが耽美な世界を描く! “僕たちはもう、再び地上へ出ることはない。この世界では、きみと僕とが全人類なのだ" 昭和初期、東京。美しい青年・箕浦(みのうら)には、結婚を約束した初代という恋人がいた。 ある日、初代が何者かによって殺害されてしまう。 箕浦は、学生時代に自分に好意を持っていた諸戸道雄が、嫉妬から彼女を殺したのではないかと推測する。 諸戸は頭もよく容姿もいい、完璧な男だったが、箕浦にしか興味を抱かない同性愛者だった。 諸戸は愛する箕浦のため、献身的に探偵活動に協力するが……?

このマンガのレビュー

レビューがありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする

オススメのマンガ