りゅうおうのおしごと!6

白鳥士郎こげたおこげ西遊棋カズキしらび

3.06

1025

発刊:2016.01.13 〜

完結・全10巻

りゅうおうのおしごと!6巻の表紙
ここまで読んだブックマークする
『りゅうおうのおしごと!(1)』巻の書影
『りゅうおうのおしごと!(2)』巻の書影
『りゅうおうのおしごと!(3)』巻の書影
『りゅうおうのおしごと!(4)』巻の書影
『りゅうおうのおしごと!(5)』巻の書影
『りゅうおうのおしごと!(6)』巻の書影
『りゅうおうのおしごと!(7)』巻の書影
『りゅうおうのおしごと!(8)』巻の書影
『りゅうおうのおしごと!(9)』巻の書影
『りゅうおうのおしごと!(10)』巻の書影

りゅうおうのおしごと!(6)のあらすじストーリー紹介

あいが大阪にやってきてから早二か月。たまった疲れを癒すため、八一は、あいや銀子、桂香を誘って銭湯に行くことに。そこにはハプニング満載の桃源郷が広がっていた……! あいの師匠として、棋士として、「壁」を破ると決めた八一。振り飛車をマスターしようと、第一人者である生石に指導をしてもらい、充実した日々を過ごす。一方、桂香には年齢制限が迫り、負けられない状況まで追い込まれていた。凡人だからこその悩みにもがく「家族」の存在に、銀子は……。負け続ける現状を変えるための、八一と桂香、それぞれの選択。八一やあい、銀子が姉のように慕う桂香の、知られざる過去。そして、あいの慟哭の理由とは――? ギャグもガチも新キャラも大増量の「熱血将棋ラノベ」マンガ版第6巻!!

タイトルページへ
はじめての方はこちら
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.06

9件の評価

レビューがまだありません。
はじめてのレビュアーになりませんか?

レビューをする
Loading ...