異世界転生騒動記8

高見梁川ほのじ

3.16

1045

既刊9巻

異世界転生騒動記8巻の表紙
ここまで読んだブックマークする
『異世界転生騒動記(1)』巻の書影
『異世界転生騒動記(2)』巻の書影
『異世界転生騒動記(3)』巻の書影
『異世界転生騒動記(4)』巻の書影
『異世界転生騒動記(5)』巻の書影
『異世界転生騒動記(6)』巻の書影
『異世界転生騒動記(7)』巻の書影
『異世界転生騒動記(8)』巻の書影
『異世界転生騒動記(9)』巻の書影

異世界転生騒動記(8)のあらすじストーリー紹介

仇敵であるハウレリア王国の間諜・ソバトにより、バルドの治めるアントリムの機密情報が敵の手に渡ってしまった。ハウレリアの大軍はついに挙兵し、アントリムめがけて進軍する。圧倒的戦力差に加え、国内の反体制派の暗躍もあって不利な状況に追い込まれたバルド。いかようにして民を、家臣を、そして愛する者たちを守り抜くのか。今ここに、新たな惨劇が幕を開けようとしていた――。

タイトルページへ
はじめての方はこちら
Loading ...