殺されるなら、いっそ桜の木の下で

作者
桜田雛
出版社
小学館
掲載誌/レーベル
Cheese!
ジャンル
恋愛・ラブコメ

3.17

159

1

やぎが読んでいます

完結・全1巻

発刊:2011.06.24

あらすじ・ストーリー紹介
親友・早穂が死んだ。ツイッターに「雪野が憎い」と140文字分書き込んで、自殺した。廊下に教室、女子トイレ…学校中のいたるところ、雪野の噂でもちきりになった。「雪野が、早穂をいじめていたらしい」。「雪野が、早穂の彼氏をとったらしい」。そして私は、同級生に「人殺し」とののしられた。私の名前は雪野。身に覚えのないことで親友を失い、同級生を失い、そして、その日の放課後、親友の彼氏にこう言われた。「雪野ごめん。アイツが死んだのは俺のせいだ。俺が雪野を好きって言ったから、アイツは自殺したんだ!」奇才・桜田雛が描く、美しき恋物語!!